アラスカンマラミュートの莱夢の旅行情報です。2005年8月12日〜14日に行った、ハイジの里のワンコ連れおすすめ情報を紹介しています。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 ハイジの里 

アラスカンマラミュート 川場 道の駅 画像
日時  2005年8月12日〜14日

場所

 ハイジの里、田園プラザ川場、月夜野びーどろパーク、たくみの里、
 オルゴール館、尾瀬豆腐
お宿  ハイジの里
立ち寄り
スポット
 (1)道の駅「田園プラザ川場」
 ペンションへ向かう県道沿いにある道の駅です。かなり広く、レストハウスのほかにビール工房やミルク工房、地元の物産を扱ったお店など、半日いても飽きないほど・・・。青々とした芝生の中を、ゆったりとした沿路が続き、裏手にはブルーベリーの丘もあり、ワンコ連れにはもってこい!レストランはテイクアウトOKなので、池のほとりのテラス席で、ワンコと一緒にランチも楽しめますよ。お薦めは地ビールと焼きたてのパン、それに地元のキノコをつかったグラタン。どれもたいへん美味ですよ〜。

 (2)ハイジの里
 我が家の定宿、まいどお馴染みの「ハイジの里」です。何度訪れても新しい発見のある、素晴らしいペンションです。6000坪の広大な敷地は、自然がいっぱい!除草剤などはいっさい使わず、マスター自らが草刈した緑の大地は、ワンが寝転んでも草を食べても安心です。もちろん、ペンション内もすべてノーリードOK。近隣の観光スポットに出かけるよりも、ペンションの敷地内のほうが自由に安全に、めいっぱい遊べます。
 食事がまた楽しみ!地元の山菜や新鮮な川魚など、とってもヘルシーでボリューム満点。お櫃ごと出されるご飯も、鍋ごとのナメコ汁もとっても美味しいです。予約すれば、「岩魚飯」も食べられますよ!
 食事の後は、24時間入れる温泉でのんびり。女湯は大きな窓から景色が見えて、まるで気分は露天風呂。湯船のお湯は老神温泉!すごぉ〜く温まります。
ハイジの里 手打ちうどん 画像 アラスカンマラミュート ハイジの里 画像 アラスカンマラミュート ハイジの里 画像

 (3)月夜野びーどろパーク
 グラスアート美術館、体験工房、展示即売ギャラリー、工場見学などを通して、ガラスのもつ魅力にふれることができるテーマパークです。ワン連れには向きませんが、地ビールなどが楽しめるレストランもあり、なかなかお薦めです。
アラスカンマラミュート ハイジの里 画像

 (4)たくみの里
 伝統の手づくりの技を体験できる、24の「たくみの家」と、野仏の里です。ワン連れには向きませんが、いろいろ体験できて面白そう!
 「やまいちや」という手打ち蕎麦のお店でお昼をいただきました。外のテーブルならワンもOKです。
アラスカンマラミュート 匠の里 画像

 (5)オルゴール館
 国道沿いにある、15種類のソフトクリームが目印(?)の観光施設です。「チョコバナナ」はどこか懐かしい味わい。「牧場生乳」は濃厚でなめらかなミルクの味わいがかなり美味です。

 (6)近くの河原
 ペンションから車で30分ほどの川は、ラムネ色に澄んだ冷たい清流です。底が石なので砂が舞い上がらず、ワンの毛や皮膚を汚すこともありません。流れも深さもちょうどよく、ワンと水遊びするには絶好のポイントです。ただし、落石や猿出没には要注意!
アラスカンマラミュート 川遊び 画像 アラスカンマラミュート 川遊び 画像

 (7)尾瀬豆腐
 ペンションから車で30分ほどの豆腐屋さん。ハイジの夕食に出る「ざる豆腐」と「生豆腐」はこちらから仕入れています。個人でも買えるのでお薦め!大豆から大切に育てたこだわりのお豆腐は絶品です。特に「生豆腐」は一度食べたら病みつきの美味しさ!

 この秋からマスターが引退(?)するとのことなので、最高の思い出を作りに、ソウル君一家と一緒にハイジの里に行ってきました。大人6名、乳幼児1名、大型犬4頭の大所帯。何が起きるか楽しみです!

 混雑を予想して早朝に出発した私たち。午前7時くらいに高坂SAでソウル君一家と待ち合わせした後、赤城高原SAで朝ごはん休憩。外のテーブルで食事しいると、やぁ、集まる集まる、かなりの人だかり・・・。マラミュート3頭とゴールデン1頭、かなり目立つんでしょうね〜。軽くお蕎麦などをいただき、とりあえず沼田インターまで行きました。時刻は10時すぎ。渋滞を見越して早く出たので、かなり早めに着きました。チェックインは2時。「武尊牧場に行こうか?」とか「先に川遊びしちゃう?」とか、いろいろ話し合ったのだけど、ハイジのマスターが「うどんつくってあげるから昼においで」と言ってくれました。さすがマスター!そんな訳で「道の駅」で休憩してからハイジの里に直行!

 マスター手打ちの美味しいうどんをいただき、午後はのんびりとハイジの自然を満喫!ワンたちはハイジのなだらかで広大な庭を思い切り走り回りました。その際、莱夢ママはブヨらしい虫に右足を刺されてしまい、後々大変なことになるとも知らず、のんきに「かゆ〜い」などと掻いておりました・・・。

 ハイジの敷地内を流れる小川には、なんと岩魚がいます。釣り上げた場合は400円で調理してます。ぜひ腕に覚えのある方はチャレンジを!莱夢パパは、その岩魚釣りにチャレンジ。10センチほどの可愛い(?)岩魚をゲットしたけれど、あまりに小さいのでリリースしました。

 夕ご飯のあとはお楽しみの宴会タイム。今回は莱夢パパ&ママの新婚(?)旅行も兼ねていたので、マスターがお祝いにドンペリを用意してくれました!まさに至福のひと時でした。犬談義に花を咲かせつつ、ハイジの夜はやさしく深く更けていくのでした。

 天井をたたく雨音で、夜中に何度か起きたのですが、明けてみればなかなかの天気。
 出かける前に、クレア君が亡くなった場所にお線香とお花を添えました。あの夏、莱夢は最愛の彼、クレア君を目の前で失いました。突然の別れに、ただ呆然とした夏から、もう3年が経ちます。レオン君はすっかりお兄ちゃんになり、ソウル君と力麻呂君が加わりました。そして莱夢は、もうすぐ6歳になります。一緒に年齢を重ねて行けるものだと思っていたクレア君。彼の年齢を超え、ひとり老いていく莱夢がここにいます。

 みんなで手を合わせた後、月夜野のビードロパークに行ってお買い物することにしました。マラミュート3頭、かなり目立つのでしょうね。気が付けばまたしても人だかりが・・・・。莱夢もソウル君も力麻呂君も、ゴールデンのレオン君も、みんな愛想がいいのでモテモテ。

 その後、「匠の里」に行って散策しました。手打ちのお蕎麦はなかなか美味しかったです。できればドライフラワーやくるみ細工などの体験をしたかったのだけど、ワン連れだし、暑い車内にはワンたちをお留守番させられないし、雨だし、早めに切り上げました。

 ハイジ近くまで行くと、雨は完全に止んでからりとした青空に・・・・。ハイジで思い切り走り回って遊んだほうが、ワンたちは楽しそうです。莱夢パパは昨日のリベンジで12〜13センチの岩魚を釣りました。これも食べるには小さすぎるのでリリースしました。

 さすがに疲れ気味な莱夢ママ。夕方、またしても虫に刺された足がかなり痛みます。マスターが焼酎で消毒してくれましたが、腫れがひどくなってきました。夜は宴会を早めに切り上げ、11時前に休むようにしました。

 最終日はなかなかのお天気!泊まり合わせたみんなで集合写真を撮ってから、我々は河原に遊びに行きました。車から降りた莱夢、しきりに上のほうを気にしてると思ったら、ソウル、力麻呂、レオンを引き連れて猛ダッシュで道を駆け上がっていきました。パパが追いかけてリードを付けて連れて帰り、事なきを得ましたが、いったい何が?河原に降りようと思ってリードを放したとたん、ふたたび莱夢のみがダッシュ!莱夢が見上げる先にはうっそうとした山・・・・。そこに動く黒いものが!なんとサルがいたんです。危ないので、みんなリードをしっかり持って、固まって行動することに・・・・。

 1年ぶりにやってきた河原は、相変わらず澄んだ水と適度な深さで、ワンの水遊びには最高でした。泳ぐ莱夢、力麻呂君、レオン君をよそに、意外なビビリ屋ぶりを発揮したソウル君。前足がちょっと深みにはまると、あわてて岸に戻ってしまいます。力麻呂君は初めての水なのに全然怖がらず、レオン君と一緒にカワウソのようにスイスイ泳いでました。

 いったんハイジに戻ってから楽しみにしていた「岩魚飯」をいただきました。岩魚一匹を炊き込んだ釜飯風のご飯で、6人であっという間に平らげました!楽しかった3日間も、もうおしまい・・・。マスターに別れを告げましたが、名残惜しいです。ハイジに来れば、いつだってマスターが迎えてくれたのに、それも10月までなんて・・・。ハイジは莱夢の第二の故郷みたいなもの。そこにマスターがいないのは淋しすぎます。

 帰りは尾瀬豆腐に向かい、お土産を買ってから、それぞれ帰路につきました。関越道の川越のちょっと手前あたりかな?プラドを見かけると「麦秋館」ステッカーを探してしまうのがママの癖なのですが、なんと、前方のプラドのリアウィンドウに、逆三角形の「麦秋館」ステッカーを発見!思わず追い越してその車の前に出て、「私も貼ってます!202番目のメンバーです!」とアピール(気持ちだけ)してしまいました。この数年間すっかり「麦秋館」とはご無沙汰してしまっているのですが、なんだか懐かしかったです。

 家に無事に着いたものの、足の痛みはひどくなるばかり。足を地面に着くことすらできなくなり、病院に行くことになりました。川越に越してきて、動物病院ばかりリサーチしていたママなので、人医なんてどこに行っていいやら・・・。近くの埼玉医科大付属の病院に行きました。ただの虫刺されとなめていたら、大変なことに・・・。一週間くらいは安静にして歩いてはいけないと言われました。パパはせっかくの休みなのに、家事をかわりにやってくれることになり、気の毒です。