アラスカンマラミュートの莱夢の旅行情報です。紅葉の軽井沢のワンコ連れおすすめ情報を紹介しています。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 紅葉の軽井沢 

紅葉の軽井沢 画像
日時  2000年11月3日〜4日

場所

 軽井沢
お宿  ペンション花闊歩
立ち寄り
スポット
 (1)上信越道 横川SA
 名物の「峠の釜飯」は、素焼きの釜に入った熱々のお弁当。山菜や鳥そぼろ、栗の甘露煮など、具だくさんでとっても美味しいです。お釜をかたどったプラスティックのケースにはお新香も入っています。お釜は持ち帰って炊き込み御飯の盛り付けに、お新香ケースはピルケースに再利用する、貧乏症のママです。
 高崎名物の「だるま弁当」も売ってます。こちらも美味!

 (2)旧軽井沢
 軽井沢のメインストリート、「旧軽井沢銀座」がおすすめ。季節の果物をつかったジャム(季節限定の浅間ぶどうのジャムは絶品!)のお店や、「軽井沢価格」を提示する激安のブティックなど、軽井沢ならではのお店がいっぱい。
 少し足を伸ばして二手橋や御膳水(鹿島の森ホテル内)などを散策するのもステキ!またチャペルや教会をめぐるのもなかなかロマンチックです。運がよければ、結婚式のフラワーシャワーができるかも!

 (3)雲場池
 メインストリートから六本辻に向かってカラマツ並木を歩き、六本辻を通り過ぎて数十メートルのところに、とってもキレイな池があります。水のほとんどが御膳水からの湧き水なので、冷たく澄んで景色を鏡のように映し出すんです。春の淡く霞む新緑、夏の滴るような緑、秋の燃えるような紅葉、冬の氷面鏡と雪景色、1年中美しい表情を見せてくれます。池を一周する遊歩道があって、静かに散策を楽しむにはもってこい!
 すぐ横に「雲場亭」というしゃれたレストランがあるのですが、まだ行ったことがありません。

 (4)ペンション花闊歩
 我が家の定宿。吹き抜けのダイニングと露天風呂がお気に入りです。すぐ裏に広大な牧草地があって、ワンと一緒にめいっぱい駆け回れます。(ただし堆肥がまいてあるときはNG)車で5分ほどのところに専用ドッグランもあるそうですが、まだ利用したことはありません。(^^ゞ

 (5)鬼押し出し園
 ペットは無料で入れます。園内は荒涼とした奇岩が林立する絶景ばかり。煙を吐く浅間山がよく見えて圧巻です。真冬は雪のために閉園されるそうです。

 (6)清泉寮
 我が家はいつも立ち寄る程度です。それでも必ずソフトクリームをゲット!!
 

 渋滞をさけるために早朝に出発したら、渋滞の「じゅ」の字もなくて、朝の8時には横川に付いてしまいました。あいにくの雨だし、旦那さまも莱夢も爆睡してるし・・・。(旦那さまはペーパードライバーなの"(>_<")") せっかく起こした旦那さまは、私の荒っぽいドラテクで半分酔ってしまったらしくダウン。雨の中、莱夢と散歩してウンシッコをさせてから、しばらくは車中でぼんやり。ヒマに任せて「味噌こんにゃく」を買って食べたり、朝ご飯用に「だるま弁当」を買ったりしてして過ごしました。1時間も休んだら旦那さまも復活!買い込んだお弁当を2人で食べ、9時半に横川を出発!

 いつものように「碓氷軽井沢」のインターで上信越道を下り、「さぁ一路旧軽へ!」と思った矢先、どこにも高速のチケットがないことに気付いた私・・・。そんなバカな!?いつもコンソールのオープンポケットに入れているのですが、どこを探しても出てこない・・・。係りの人に「あっちに停めてよく探して」と指示され、事務所の先に停車しました。事務所からオジサンがやってきて、「どこにもない?」と心配顔。車を降りて念のために座席の下を覗いたとき、莱夢の尻尾の先にピンク色のゴミが付いているのを発見!ま、まさか!?あわててドアを開けて莱夢をどかしたら、粉々に噛み千切られたチケットの無残な姿が・・・。オーマイガーッ!拾い集めると、一番大きな切れ端がたまたま「入間」と明確に読めました。でかした莱夢!!オジサンに見せたところ、「入間って読めるから、書類書いてふつうにお金払ってもらえれば大丈夫ですよ」と言われて一安心。そのまま事務所に行って、住所氏名はもちろん、どこの道を通って何時にどこのインターから乗ったかなど、かなり細かく書類を書きました。「紛失した理由」の欄に、ちょっと考えながら「愛犬に噛み千切られたため」と書いたら、係りのオジサンが笑っていました。「こんな人、いました?」って聞いたら、「前代未聞です」って笑ってた。そりゃそうだ!

 さて旧軽井沢。天気が悪くて小雨混じりでしたが、今回は時間がたっぷりあったのでふらふらと見て回れました。莱夢も成長しましたね〜。発情前だった前回の軽井沢では、道のど真ん中で平気でウンチしていたのに、今では街路樹の根元にしゃがみ込んで、往来を汚さずに用を足します。

 莱夢のウンシッコが終わり、まずはお土産ゲットのため、いつものように「漬物蔵」へ。大好きな浅漬け「しゃっきり娘」を4袋も購入。(もちろん実家や弟夫婦へのお土産も含めてよ・・・)さらに「腸詰屋」でチリソーセージをを3パック購入。(たまには別のものも買えばいいのに・・・)

 雨があがった午後、雲場池に行ってみました。別に「紅葉を見よう」なんて狙ったわけじゃなかったのに、まるで絵葉書のような景色に出会えました。燃えるような紅葉とそれを映す鏡のような水面・・・。カメラが趣味な方々もたくさん来ていて、莱夢もだいぶ被写体になりました。遊歩道を歩いて池のどん詰まりに出たとき、いかにも莱夢が落ちそうな危ない橋を発見!その橋は奥の湧水池から雲場池へ水が流れ込む細い水路の上に架かっている、板を渡しただけの小さな狭い橋でした。大人1人がようやく通れる幅しかない・・・・。莱夢を抱きかかえる訳にもいかず、莱夢に「後へ!ゆっくり」と声をかけながら慎重に足を運ぶ私。莱夢も怖れず付いてきてくれました。が、渡り終えたと思いホッとした瞬間、すぐ後ろで水音が!振り返った私の目に、後ろ足から池に落ち、岸に這い上がろうともがく莱夢が飛び込んできました。ひえーーー!あわてて莱夢のハーフチェーンに手を掛け、力いっぱい引っ張り上げて救出!莱夢は「あー、ビックリした。でも面白かった!」と、ブルブル水を切って笑顔に・・・。莱夢ちゃんあんた、10月に川に落ちてるし、ログハウスでもU字溝にはまってるし、この秋は水難の相が出てるんじゃない?

 チェックインの時間早々にペンションに付き、さっそく裏の牧草地へ!さすが軽井沢。ダウンジャケットでないと、朝夕は寒いくらい・・・。牧草地には今夜お泊りするワン達がいっぱい遊んでいたので莱夢もさっそく仲間に入り!一緒にボールを追いかけたり(追いかけるだけで取ってこないし・・・)して遊びました。

 翌朝早くに牧草地まで散歩すると、なんと一面に霜が降りていました。莱夢には嬉しい寒さと感触だったらしく、朝っぱらからめいっぱい駆け回り転げまわり、すっかりご満悦。次は雪の季節に来ようね、莱夢!