アラスカンマラミュートの莱夢の思い出や育児など、日常をつづった2011年5月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2011年 5月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 5月3日(火)
 昨日から約4ヶ月ぶりに実家に帰ってます。今日はよみうりランドに遊びに連れて行ってもらいました。少し小雨がパラついたけど、おおむね暑すぎないくもり空です。ふぅは「ひよこパス」を買ってもらい、彼女の身長で乗ることができる乗り物は、だいたい乗ることができました。
 途中のトイレ内で、突然鼻血を出してびっくりしました。ふぅの初鼻血です。すぐに止まったからよかったけれど、かなり焦ってしまいました。
 帰りの高速は事故で大渋滞・・・。運転手はツライですなぁ。
よみうりランド

 5月4日(水)
 母の趣味は「園芸」です。母は「緑の手」の持ち主で、小さな鉢でも大きく美しく育てることができます。かつて莱夢が遊んだ芝生の庭は今、母の育てた花々で溢れています。
 ちなみに私は「火の手」の持ち主で、だいたいの花は枯らしてしまうんですよね・・・。
実家の花
実家の花
実家の花

 5月12日(木)
 我が家の第一王子と第二王子。どちらもイケメンですね〜。 ハーフ猫の北斗シャムミックスの昴

 5月15日(日)
 暑くなってきたので、夏用のバンブーラグを敷きました。 リビング

 5月19日(木)
 ほんと、蒸し暑くなってきました・・・。我が家の王子たちは寝てばかりです。 ハーフ猫の北斗とシャムミックスの昴

 5月20日(金)
 日本脳炎のワクチンが新しくなってだいぶ経ちます。以前のワクチンのような危険な副反応もないようなので、蚊が出る季節の前に接種することにしました。
 大人でも注射って怖いものです。ふぅにはいつも、嘘や誤魔化しなしで、納得の上で接種してもらってます。
 日本脳炎という怖い病気があること。その病気にふぅがかかったら、パパもママもとても悲しいこと。ふぅも、パパとママのことが分からなくなってしまうかもしれないこと。でも、この注射を打てば、日本脳炎にはかからないこと。だから、痛くても注射を打ってほしいこと。痛かったら我慢しないでいっぱい泣いてもいいこと。などなど。ふぅなりに真剣に考え、納得の上で注射を打ちます。そのせいか、ほとんど泣くこともないふぅです。
 4週間以内にもう1度ワクチンを打たなくては・・・。がんばってエライねふぅちゃん。
アラスカンマラミュートの莱夢

 5月21日(土)
 行田の忍城に行ってきました。「のぼうの城」の舞台として有名なお城です。かつてはまるで水に浮いているような、美しい城だったとか・・・。その名残は、水城公園に今も息づいてます。
 売店でゼリーフライを買って食べました。おからを銭型にまとめてカラリと揚げたもので、とても懐かしい味がしました。
 川越の本丸御殿も素敵だけど、こんなふうに天守閣風になってないのでイマイチ目立たないんですよね・・・。
忍城
忍城

 5月27日(金)
 今日は平年より12日早い梅雨入りです。苦手なジメジメの季節が続き、その後はあっっっっつい夏が・・・。早く秋が来ないかしらと、今から思ってしまう私です。
 この数日、なんとなく機嫌が悪かったふぅ。熱を計っても37度前後・・・。体温が高い子供には珍しくないし、疲れているのかな?なんて思っていました。
 昨日の延長保育後、「喉が痛い」と言うので1日様子を見て、今日の日本脳炎ワクチンはキャンセルすることにしました。病院にキャンセルの電話をすると、「喉が痛いなら溶連菌かも」とのことです。
 幼稚園にお迎えに行くと、「ごっくんすると痛い」と訴えるふぅ。掛かりつけの小児科に行くと、やっぱり溶連菌感染症でした。初めてかかります・・・。今日から10日間、しっかり抗生物質を飲んで、がっちり菌をやっつけます。一緒にがんばろうね、ふぅ。
アラスカンマラミュートの莱夢

 5月31日(火)
 ふぅは絵を描くのが大好き。今日は、紙芝居を作って読んで聞かせてくれました。
 実はこれ、「はらぺこあおむし」という有名は絵本です。ふぅはその絵本が大好きなのです。ふぅなりに、ダイジェスト版を作って紙芝居にしてくれました。

 1)お月様に見守られる卵
 2)太陽の下で産まれたあおむし
 3)月曜日、りんごを1つ食べました
 4)食べ過ぎてお腹が痛くなったあおむしだけど、美味しい葉っぱをたべて元気に
 5)さなぎになって眠るあおむし
 6)キレイな蝶になったあおむし
腹ペコ青虫
腹ペコ青虫
腹ペコ青虫
腹ペコ青虫
腹ペコ青虫
腹ペコ青虫