アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々や育児など、日常をつづった2008年9月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2008年 9月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 9月2日(火)
 ふぅは今日、無事に2歳の誕生日を迎えることができました。事前に買っておいたプレゼントの三輪車をリビングに置き、ビデオを固定してスタンバイOK!ふぅが起きてきてプレゼントに気が付き、喜ぶ瞬間を撮影することに成功しました。「わぁ〜!」っと、歓声をあげるふぅの素直な反応がママも嬉しいです。平日なので盛大にお祝いできませんが、いつもよりも早く帰宅したパパ(今度の会社はそういう融通も利くのです)と一緒に、ささやかながらイチゴのショートケーキでお祝いです。イチゴが大好きなふぅは、ショートケーキの断面から上手にイチゴを掘り出して、器用にフォークで食べます。ロウソクの炎も上手に吹き消すようになりました。ふぅちゃん、楽しい毎日をありがとうね。これからもママとパパ、莱夢と北斗をよろしくね。

 9月3日(水)
 今日は2歳児検診です。体重はイマイチ伸び悩んでますが、だいたい成長曲線どおり、順調です。身長は84センチになりました。昨年は裾を折って履いていたGパンが、どおりでぴったりな訳です。この病院の検診センターは至れり尽くせりで、2歳の記念撮影をコスプレで行うことができます。可愛い衣装がいっぱいあったのに、ふぅは断固拒否!まぁ、いいか・・・。私服でママと一緒にパチリ!健やかなふぅの成長に今日も感謝です。

 9月6日(土)
 今日は朝から予定がいっぱい!お昼は不二家でお誕生日パーティーをし、夕方からはスタジオで記念撮影です。不二家で大好きなイチゴのケーキにかぶりつき、すごくご機嫌なふぅでした。ところが、昨年に引き続き、お誕生日の記念撮影は大泣きでした。自分で、ベッキーデザインのイチゴのドレスを選んだまではよかったのですが、いざカメラの前に立つと、もぉ可哀想なくらい大泣き・・・。来年の七五三、大丈夫かなぁ。

 9月9日(火)
 今日の朝、なんとなく莱夢に元気がありません。こんな日は少し心配です。それでも朝夕だいぶ涼しくなってきて、莱夢の外出時間が増えてきました。気がつけば日も短くなり、涼しくなるのを待ってから公園に行くと、あっという間に薄暗くなってしまいます。莱夢はほぼ毎日、ふぅと一緒に公園に行っています。公園にはふぅの友達も私のママ友達もいっぱいいます。なので、莱夢のウンチやオシッコを処理している間、ふぅは私やママ友達の目の届くところで遊んでいるので安心です。公園にはワンコもたくさん集まるので、莱夢なりに犬社会に復帰でき、とても嬉しそうです。

 9月10日(水)
 パパの転職が成功して、嬉しいことに休日の予定が組めることになりました。今までは、土曜日は出勤することが多かったし、日祝祭日も出勤することがありました。それも、急に・・・。今までは、来月はおろか今月の予定もままならなかったのです。でも、もうそんな日々も笑い話です。ようやく落ち着いてきたし、涼しくなってきたし、莱夢も好調なので、10月に旅行することにしました。運良く、希望の宿にキャンセルが出て予約することができました。来月、ずっと行きたかった那須に行ってまいります。

 9月11日(木)
 お昼寝から覚めたふぅの腕を見て、びっくり!手首と肘の内側に、蚊に刺されたような小さな発疹がたくさん出ていました!脚も見てみると、膝小僧や足首にも同じような発疹が・・・。これって、ジンマシン?すぐに病院に行きましたが、病院に着いた頃には発疹が消え、少し赤く腫れている程度になっていました。先生曰く、食べ物でジンマシンが出るのはわずか数パーセントだとか。原因は不明ですが、私が寒冷ジンマシン経験者なので、ふぅちゃんも体質を受け継いでいるのかも。飲み薬をいただいて、様子を見ることになりました。

 9月16日(火)
 ふぅはお風呂あがりや寝起きなど、体温があがるとジンマシンが出るようです。1時間もしないうちに引いていくので、あまり気にせず、経過を見守りたいと思います。
 ふぅと莱夢を近所の公園に一緒に連れて行けるようになったので、今日はかつてのホームグラウンドである水上公園にトライです。心配したほどでもなく、ふぅは手を繋いで歩けるし、莱夢もあまりあちこち匂いを嗅がず、ふぅと私にペースを合わせてくれました。これからは水上公園にも復帰できそうです。莱夢、よかったね!これからはどんどんお散歩に行けるよ!

 9月17日(水)
 だいぶ前に壊れた電子レンジが、ずっとキッチンの片隅に置き去りになってました。ふぅが楽しそうに遊ぶし、面倒だし、捨てることが延び延びになっていたのです。某収納アドバイザーの言葉の影響で、私は今「家中スッキリしたい」モードなっています。そうなのです。不用品が家にある状態だと、不用品のスペースにまでローンを払っているようなものなのです。「捨てるのはもったいない」かもしれないけれど、「不用品のスペースにローンを払う」ほうが、もっともったいない!不用品は次に使う方に賢くリサイクルするべきなのよね。電子レンジの場合、もう使えないのでゴミですが・・・。そんな訳で、本日、粗大ゴミの持ち込み廃棄をしてきました。
 カーナビに住所を入力して、そのまま案内に従って進むと、「いったいどこ?」ってくらい遠いのです。結局、「日高市」の看板の手前、ぎりぎり川越市内に清掃センターがありました。面白いシステムで、車ごと巨大な計りの上に乗り、廃棄後に同じ計りに乗って、マイナスになった重量を調べます。つまり、マイナスになった重量は、廃棄したゴミの重さって訳です。廃棄料金は10キログラムあたり50円でした。電子レンジは10キログラム以下だったので、今回は無料でした。自宅に引き取りに来てもらうと、それだけで金額が発生するので、かなり得した気分です。ついでに、ちょっと見知らぬ道を走れて、旅気分まで味わえました。なんて単純な私・・・。
 夕方はふぅと一緒にガーデニングです。春になったらキレイな花が咲くように、チューリップの球根を植えました。ふぅは「お砂遊び」気分で、土を鉢に入れてくれました。これから毎日、ふぅと一緒にお水を撒いたり、お手入れしていきたいと思います。

 9月22日(月)
 雨上がりの水上公園に行ってきました。池を見下ろす舞台のような場所に立つと、ワヤワヤと池の中から鯉が集まってきます。ふぅも莱夢も「何?何?」と不思議そう。鯉たちはエサが貰えると思って、人影が見えると集まってくるようです。背中が水面から出て、なんだか不気味な感じすらします。
 月曜日は公園がお休みなので、本来の駐車場にはバリケードが張られて、車の入場はできません。なので、広大な駐車場はふぅが自由に走れる場所になります。地元の人間は、みんなロータリーに車を停めて散策します。池を回ったあとにテニスコートから駐車場に回ると、車1台停まってない広〜い駐車場に、大きな水溜りができていました。ふぅは歓声をあげてザブザブ入ってしまいました。続いて莱夢まで!まぁ、いっか・・・。靴はずぶ濡れなので、いっそ気の済むまで遊んでしまえ〜!存分に水溜りで遊ぶふぅと莱夢です。雨上がりの秋の空は高く澄み渡り、水溜りには同じ深さの空が同じ透明さで広がっています。地面に広がるもうひとつの空を、ふぅと莱夢は自由に翔けていました。そんな彼らの背中に、天使の羽根が見える気がしたママでした。



 9月23日(火)
 先週の木曜にギックリ腰になってしまったパパでしたが、だいぶよくなってきました。おとなしくしているのにも飽きたのか、今日はサイボクハムにお出かけです。3匹いた豚のうち、誰かが子豚を生んだのかしら?豚さん、増えてました。前回こちらに来たときは、イマイチ豚さんには無反応だったふぅも、今日は自分の鼻に指を当てて「ぶー」と豚のマネをして、かなり楽しそうです。

 9月27日(土)
 ふぅのお誕生日のお祝いに、じぃじとばぁばがたくさんのプレゼントを持って遊びに来てくれました。食事のあとは市内を散策です。水上公園で鯉を見て以来、すっかり鯉が好きになったふぅは、鰻屋さんの鯉に夢中でした。菓子屋横町の近くにあるベーカリー「楽楽」で、メロンパンを購入し、自宅に戻ってきました。今日、ふぅとパパは練馬のじぃじばぁばの家にお泊りです。私は、自宅に残ります。
 実は、7月の末から時々アルバイトをしている私・・・。土日祝祭日のみ、月に3、4日のアルバイトです。5月下旬、まだパパの転職がハッキリしなかったときに見つけた求人で、少しでも家計の足しになればと思い、始めたアルバイトでした。ふぅを他人に長く預けたくなかった私には、パパがお休みの日に少し働くスタイルはちょうどよかったのです。結局、パパではふぅのお世話は心配なので、アルバイトの日はバァバが電車に乗って駅まで迎えに来てくれて、終わる頃にまた駅まで送って来てくれています。正直、最初はかなり心配でした。ふぅはママと離れて泣かないかしら?あにはからんや、ふぅは電車に乗るのもばぁばの家に行くのも楽しいらしく、駅で「バッバ〜イ!」と元気にママに手を振って別れ、めいっぱい遊んで満足して帰ってきます。いつもはオッパイ大好きなふぅも、ばぁばの家ではまったく欲しがらないようです。
 明日はアルバイトなのでまた駅まで迎えに来てもらうのですが、今日、じぃじもばぁばも川越にいるのに、また明日になって川越まで迎えに来てもらうのは大変なので、このままふぅとパパは練馬に行って泊まることにしました。明日の夕方、アルバイトが終わった頃に帰ってきます。ふぅにとって、初めてのママがいない夜です。かなり心配でしたが、先ほど電話で元気に遊んでいると連絡がありました。ふぅはママがいなくても、1晩くらいなら大丈夫みたいです。私は、久しぶりの自由気ままな時間を持て余しています。ふぅがいない家の中は、静かで広くて淋しいです。さて、これからどうやって過ごそうかな・・・。


 9月28日(日)
 昨日の夜から胸が張って痛い・・・。ふぅは、じぃじばぁばがいると遊びに夢中で、オッパイを要求しません。昨日は午前中のみの授乳でした。今日はバイトなので当然授乳なし。もぉ張ってしまって痛くて痛くて。搾乳しても、思うように出てくれないし、かなりマズイ状況です。

 9月29日(月)
 思ったとおり、昨夜から熱が出てしまいました。日中は39度近い発熱です。授乳したら張りはなくなったけど、左胸の内側だけが痛いです。

 9月30日(火)
 熱は下がったのですが、どうも左胸が痛い・・・。これってもしや乳腺炎?母に電話してみると、「行ったほうがいいよ」とのことです。産院の母乳外来に電話で相談すると、すぐに「来てください」とのことでした。
 検診センターはよく行くのだけど、産婦人科棟は久しぶりです。受付を済ませると、1時間無料の保育ルームがあるそうです。待つ間、キッズスペースでだいぶ遊んだけれど、かなり飽きてしまったようなふぅ。思い切って保育ルームに行ってみました。ふぅはすぐに馴染んで、保育士さんとおままごとをして遊び出しました。少し安心です。
 私ひとりで待合室に戻ると、すぐに呼び出されました。まずは血液検査です。その後、診察というか、詰まった乳管を開通させるマッサージと搾乳をしていただきました。やはり、ごく軽い乳腺炎でした。悪い母乳が溜まった箇所をほぐし、搾乳したらスッキリしました。授乳中でも飲める抗生物質を5日間飲み、それで大丈夫だそうです。
 その後ふぅを迎えに行くと、夢中で遊んでました。まだ帰りたくないといった様子・・・。なだめて靴を履かせ、薬を受け取って帰宅しました。
 乳腺炎になったのは卒乳のよいきっかけだったかもしれません。でも、やっぱりふぅが自然に離れるまではオッパイライフを楽しみたいと思います。