アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々や育児など、日常をつづった2008年8月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2008年 8月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 8月1日(金)
 今日から旦那さんは新しい会社へ出勤です。始業時間が今までよりも1時間遅いので、いつもの朝よりも余裕があります。でも、いつもどおり起きてしまって(っていうか私は徹夜で調べ物でしたが)、なんだか時間を持て余し気味。「早く行って会社の近くでコーヒーでも飲んでいたら?」と提案したら、「そうする」ってことになり、だいぶ早く出掛けていきました。初出社に、私まで緊張してしまいます。
 今日は各種手続きや説明のみで、お昼すぎに帰宅したパパです。健康診断書や源泉徴収書、卒業証明書、住民票、各種申請書類など、手配したり記入したりする書類が多く大変ですが、これも「嬉しい悲鳴」ですね。
 緊張して疲れたのでしょう、昼寝してしまったパパを家に残し、夕方の涼しい時間、公園に遊びに行きました。莱夢はチビちゃんたちに囲まれて大人気です。ふぅはこのところ、「待っていてね」と言えばちょっとは待ってられるようになりました。なので、ママ一人でもふぅと莱夢の散歩が可能になってきました。これは私にとっても莱夢にとっても嬉しいことです。
 「お好み焼きが食べたい」というパパのリクエストで、今日は「焼屋」へ行きました。鉄板が熱いのでふぅが触らないよう、かなり気をつけなくてはならなかったけれど、ささやかなお祝いをしました。私も久しぶりに熱々のお好み焼きを食べられて大満足です。


 8月2日(土)
 今日は町内会の盆踊りです。暗くなる前に会場に行ったのですが、思ったとおり、ふぅはママにしがみついて離れませんでした。大音量の音楽や太鼓の音、揺れる提灯などが怖いんでしょうね。それでも、子供向けの輪投げやくじ引きに参加してみました。景品を貰ったあたりから、ようやく雰囲気に馴染んできたふぅです。パパと交代で抱っこしたのだけど、やっぱりママの抱っこが圧倒的に多かった・・・。ママは腰が痛かったよ〜。
 40分ばかり会場にいたのですが、ふぅが眠そうなので帰宅しました。家に着いて景品のオモチャを開けてみると、なんだか動きが不気味・・・。それが怖いのか、それとも気に入らないのか、眠いのか、もぉ訳がわからなくなってしまったふぅちゃん。とにかく泣く泣く!もぉ、何をしても泣き止みませんでした。
 こういうときは、好きなだけ泣かせたほうがよいのです。無理に泣き止ませてしまうと、結局夜泣きしたり、ストレスが溜まってしまって可哀想。きっとママとパパには判ってあげられない、泣く理由があるのでしょうね。くしゃくしゃの顔で泣いているふぅも可愛いものです。しっかりふぅを抱っこして、オッパイをあげながら背中を撫でていたら、15分くらいで泣き止みました。スッキリしたのか、その後はケロリとしていました。お風呂もご機嫌に入れたし、寝つきもいつも以上によかったです。ふぅの1日の終わりが楽しく締めくくれてよかった!

 8月5日(火)
 今日は仲良しママ友達と一緒に、しまじろうのコンサートに行ってきました。抽選ということなので「当たらないだろうな〜」と思いつつ申し込んだら、見事(?)当選したんです。今日は朝から車1台に乗り込み、会場の「パルテノン多摩」に向けて、みんなでワイワイ遠足気分です!
 行きの車中からふぅは大喜びでした。横には七斗君、斜め後ろには涼寧ちゃん。こんなことは初めてなので、七斗君と手を繋いだり、一緒にお菓子を食べたり、車内で流しているしまじろうのCDに合わせて手足を動かしたり、かなりのハシャギぶり。会場に着くくらいになって眠くなってきた様子。う〜ん、コンサート中に寝なきゃいいけど・・・。とりあえず会場の駐車場に停め、ランチできる場所を探しました。
 いやいや、どこもかしこも親子連ればかりです。みんなコンサート帰りかコンサート待ちの親子みたい。三越のレストラン街が空いていたので、パスタとミニハンバーグのランチを食べました。ふぅの好きなフライドポテトも付いていて大満足でした。お腹がいっぱいになったら、やっぱりふぅは眠くなってしまったみたい。それに、なんだか怪しい空模様。
 会場は思ったよりも広く、座席も比較的前のほうでした。いよいよコンサートが始まって客席が暗くなると、ふぅはますます眠そうです。膝の上に抱っこして音楽に合わせて揺すったり手拍子させたりっして、なんとか起こしていた状態でした。でも、嬉しそうに音楽に合わせて踊ったり、拍手したり、眠いながらも楽しめたようです。
 会場から出ると、今にも降りそうな天気です。このところ夕方には雷雨があるので油断なりません。車に乗って駐車場からでると、フロントガラスにポツポツと雨が当り始めました。チビちゃん達はみんな撃沈です。ママどうし、他愛もない話で盛り上がりながらの帰宅となりました。はじめてのコンサート、ふぅにはちょっと早かったかな?

 8月7日(木)
 今日はトヨタでオイル交換です。以前、ドリンクホルダーにコーラをこぼしてしまい、それ以来、ホルダーの開閉がぎこちなくなってしまいました。なので、分解して洗浄できるかどうか、ついでに見てもらうことにしました。分解はせずに出来る限り洗浄してもらったら、少しだけスムーズになったようです。でも、車内が暑いと中のほうでべたつくのか、やっぱり「ウニョニョニョニョ〜」と、ぎこちなくホルダーが出てきます。まぁ、いいのだけど・・・。

 8月11日(月)
 今日、ようやく、ホントにようやく実家に帰ってきました。パパの転職、莱夢の不調と、何かと落ち着かなかったので、なかなか帰れなかったのです。莱夢は着いて早々にT先生でシャンプーです。T先生は子犬の頃から莱夢を知っているし、莱夢の体調を考慮して、休みながら丁寧にシャンプーしてくれるので安心なのです。莱夢は久しぶりに会ったT先生にお腹を出して甘えた後、診察台にも飛び乗ってルンルンでした。嬉しい気持ちでいっぱいの莱夢でしたが、私たちが帰ろうとしたときに「はっ!」と気がついたようです。ごめんね、莱夢。今日は移動でお疲れだけど、お疲れついでにシャンプーしちゃおう!
 夕方になってお迎えに行くと、サラサラフワフワの莱夢になっていました。健康だからこそ、お手入れもできるんですね。

 8月12日(火)
 今日は箱根のホテルに、ランチバイキングに行ってきました。ボリュームたっぷりで美味しくて、最高でした。ふぅもご機嫌で、いつもよりもたくさん食べてくれました。途中、ちょっと機嫌が悪くなったふぅだけど、母がスイーツを持ってくるとニコニコ顔に!やっぱり女子は甘いものに弱いのね。
 本当は芦ノ湖の遊覧船やロープウェイに乗る予定でしたが、母がちょっと体調を崩してしまったので次回にすることに・・・。母はふぅが遊びに来るのを楽しみにしていて、張り切って庭の芝生を刈ってくれたのですが、それで疲れてしまったのか、体調を崩したようなのです。
 親はいつまでも若くないんだなぁと、妙に実感してしまい、しんみりした気持ちになってしまいました。もっと近くに住みたいですが、仕方ありません・・・。考えてみれば、親と一緒に暮らす年数なんて、人生の中でそう長くないのですね。母とはよく反発したり喧嘩したりしたけれど、間違いなく、誰よりも私を愛し、いつでも見方でいてくれました。一緒に住んでいたときに、もっと孝行しておけばよかった・・・。ふぅを産んで判ったのことがあります。親の愛に理由なんてないんですね。ただただ、愛おしい。それだけです。いつか、ふぅもそれを知る日が来るのでしょうね。
 夕方、莱夢の散歩がてらぼうさい公園に行ってきました。孫は子供とはまた違った可愛さなのか、父が付き合ってくれました。公園内のじゃぶじゃぶ池で、ちょっと水遊びしたふぅです。莱夢は入れないので水際で待機です。ふぅが心配なのかヤキモチなのか、「ウォ〜ン」と呼ぶ莱夢でした。


 8月14日(木)
 パパは昨日から夏休みです。昨日の夕方合流し、今日は午後から海へ行ってみました。波打ち際まで海に近付くのは初めてのふぅです。小田原の酒匂付近の海は小石の浜なので、波が寄せるとドォンと大きな音がして、引くときはシャラシャラと涼しい音がします。私の耳には心地よいのですが、ふぅにはちょっと怖かったようです。覚えたての「こわい」をたくさん言っていました。
 神奈川で育った私にとって、海に面していない埼玉はどこか窮屈な気がして、すごく息苦しいです。こうして実家に帰って海や山に出掛けると、心が解放されて気持ちも軽くなりますね。明日からまた、川越で頑張るぞ!

 8月17日(日)
 お盆が明けたら急に涼しくなりました。なんだか肌寒いくらいです。
 ふぅをお昼寝させようとベッドで一緒にゴロゴロしていたのだけど、 ふぅはまだ眠くないようで、窓から雨の景色を眺めては「あめ!あめ!」と嬉しそうです。斜め前に住むFさんのおばさんと窓越しに挨拶したら、急に「外に出る」と聞きません。小雨だったので、ふぅに小さな傘を持たせて外に出ると、Fさんはまさに出掛けるところ・・・。大好きなおばさんに「バイバイ!バイバイ!」と何度も言いながら、追いかけるふぅでしたが、まだ上手に傘が差せないのでどんどん雨に濡れてしまいます。半ばむりやり家に帰ったのだけど、その後は泣きながら外に出たがって大騒ぎでした。結局、泣きつかれて寝てしまったふぅです。ごめんね、明日はレインコートを買いに行こうね。

 8月18日(月)
 ふぅのレインコートを買いに、車で20分ほどのショッピングセンターに行ってきました。このところ、急にアンパンマンにハマり始めたふぅちゃんです。彼女が気に入ったのは、やっぱりアンパンマンの赤いレインコートでした。私はキャラクター物がちょっと苦手なので、できればシンプルなものがいいのだけどなぁ・・・。でも、ふぅがお気に入りならばそれでいいのです。なので、迷わず購入!次に雨が降ったら、アンパンマンのレインコートを着てお外を歩こうね!

 8月20日(水)
 リビングの腰高窓の向こうの塀の上を、茶トラの大きな猫が通り道にしています。「北斗と窓越しに遭遇したら、どうなるのかな?」と、以前から思っていましたが、今日、まさに2匹が窓越しに初対面しました。ふぅと朝ご飯を食べていると、背後の窓の外から「フッフッフ」と猫が威嚇する声が・・・。見ると、腰高窓の向こうの塀の上に、例の茶トラ猫が尻尾を膨らまして立ち止まっています。北斗は出窓風の棚の上に座って、相手の猫を見つめていました。両者の距離は、窓越しとは言え30センチほどしか離れていません。「北斗はどうするのかなぁ」と見ていると、余裕で座っています。茶トラ猫が威嚇しながら塀の上を歩くと、後を追うようにゆったりと、でも尻尾はピクピクさせながら棚の上を移動していきました。「窓ガラスがあるも〜ん」という余裕なのかしら?最後まで威嚇することなく茶トラ猫を見送ってました。北斗、意外と大丈夫なのね。
 この数日、「ふぅの起きる時間が遅くて、そのままお昼寝も遅くなって、結局寝る時間も遅くなる」という、悪循環を起こしています。ふぅの寝る時間が遅いと、莱夢の散歩の時間まで遅くなります。今日は、23時半頃に家を出ました。なんだかお盆が明けてから、急に涼しくなったこの頃です。夜の散歩は気持ちがよくていいのですが、今日はなんだかゾクゾクしてしまいました。
 莱夢の散歩コースに、マンションの建設現場があります。以前、ほとんど廃墟の長屋が建っていたその場所を、私はあまり好きではありませんでした。なんていうか、「気持ち悪い」んですよね。だいぶ前に長屋は取り壊され、新築マンションが完成し、今は外構工事を残すのみです。夜中の無人巨大マンションも、なかなか不気味なものです。その工事現場の横を通ろうとしたとき、急に背中がゾワゾワしてしまいました。肩甲骨の少し上あたりの産毛が、ゾワっとあわ立つような感じでした。こういう気持ち悪さって、最近は滅多にないことです。怖くなったので、そのまま莱夢と引き返して、何度も背後を振り返りながら帰宅しました。なんだか、肩が変に重いです。

 8月21日(木)
 昨日の引き続き、ちょっと怖い話・・・。今日のふぅの寝かしつけでの出来事です。天井を指差して「こわいこわい」と言いながら、自分の目を手で覆い隠すふぅちゃん。そのうちにママに顔を押し付けながら、「こわいこわい」を連発・・・。「電気点ける?」と聞くと「うん」と返事。ベッドサイドの明かりを点けたら、そっと天井を見ながら今度は「いない」だって。ふぅちゃん、いったい何が見えていたのよ〜。
 遮光カーテンの隙間から漏れる光が、微妙な明かりのラインを天井に描いていて、それを指差して怖がっていたのかもしれません。そうだといいのだけど。ふぅちゃん、そうだと言って〜!

 8月22日(金)
 今日は肌寒いくらいの天気でした。久しぶりに支援センターに行くと、七斗君が遊びに来ていました。キス魔のふぅに、「ちゅーは?」と聞くと、七斗君に思いっきりチュ〜!七斗君もまんざらではないのか、今度はお返しにチュ〜!なんだか微笑ましい、小さな恋人たちなのでした。
 夕方は莱夢も一緒に公園にでかけました。こんなふうに涼しいと、早い時間からたくさん散歩できて、ふぅも莱夢も嬉しいね。たっぷり2時間遊んだ2人と1頭でした。
 パパが転職してから、土日祝祭日がお休みになりました。以前は土曜日の出勤が多かったので、金曜日とはいっても気は休まりませんでした。今は「週末だわ」と、ちょっと嬉しい金曜日なのです。

 8月23日(土)
 今日もまた肌寒いくらいの天気でした。いつの間にか、草むらから虫の声が涼やかに響くようになりました。チョコレートや秋味ビールなどのCMも始まり、季節は少しずつ秋へと移り変わっているようです。こんなふうに肌寒いと莱夢は絶好調です。でも、北斗にはちょっと寒すぎるようで、膝の上に乗ってきてゴロゴロ甘えます。そんな北斗も可愛いのだけど、すっごく重い・・・。キミもダイエットしないと!

 8月25日(月)
 今日、莱夢には嬉しいサプライズがありました。ゆめママが保護した子猫を連れて遊びに来てくれました。莱夢の喜びようったらありません。子猫たちによじ登られ、お腹にもぐりこまれ、すっごくシアワセそう・・・。北斗を育てた頃を思い出したのかな?すっかり母の顔です。
 ふぅもチビ猫たちをそっと触っては「ちっちゃい」とか「いっぱい」とか、嬉しそうです。北斗は警戒しつつも気になる様子で、テーブルの上から様子を見ながら、子猫が近付くと「カーッ」と威嚇してました。
 子猫たちが帰った後、莱夢はしばらくソファのクッションの下やカーテンの裏など、子猫がいないか探していました。名残惜しいね、莱夢。


 8月26日(火)
 今日は莱夢の通院日です。ゆめママが「里親募集」のポスターを貼りがてら、病院に付き合ってくれました。
 莱夢は低空飛行ながら体重アップです。でも数値は少し下がってしまい、TP(血漿総蛋白)が4.6、ALB(アルブミン)も2.1でした。見た目と症状は元気そのものなのに、血液検査するとイマイチです。やはり莱夢は病気なのですね。それでも薬はさらに半分に減りました。今までは10ミリグラムを週に2回でしたが、5ミリグラムを週に2回になりました。1ヶ月ほど様子を見て、状態によっては次回こそ薬を止めることになるかもしれません。
 今日の夜、ふぅの小さな、そして大きな成長を感じました。1から10まで、ひとりで数えられるようになったんです。舌足らずな発音で「いち、にぃ、だん、しぃ、ご、おく、はち、はち、くぅ、じゅぅ」と、一所懸命に唱える姿は可愛いです。また、いつもママが歌う子守唄も、一緒に歌うようになりました。一緒に歌われちゃうと寝なくて困っちゃうけど、こんな小さな出来事に育児のシアワセを感じます。

 8月27日(水)
 ふぅが静かなときは、だいたい夢中でイタズラしているときです。洗い物をしているときに妙に静かなので様子を見たら、リビングの壁に青いクレヨンでお絵かきしてました。「あ〜〜!!」というママの声にビックリしたふぅ。イラッとしたときこそ、深呼吸です。ふぅに「ここには描いてはいけない」と諭すと、目に涙を浮かべて口をへの字に曲げながら、じっとママのことを見つめてきました。ふぅにとっては「白くて広くて描いたら楽しそう」な場所だったのでしょうね。「もうここには描かないでね。ママすごく困っちゃう」と伝えると、「うん」と元気な返事。今度は、雑巾を持ってふぅと一緒に「拭き拭きしよう!」とお掃除です。薄めたマジックリンで簡単に落ちたのでよかった〜。

 8月29日(金)
 しばらく涼しい日が続いたので、早くも気持ちが編み物にはやっています。今年は、ちょっと大きめに、アラン模様のカーディガンを編む予定です。なかなか本通りには作らない私・・・。色やデザインを少し変えたり、あれこれ毛糸を選んだり、ますます家事が疎かになりそうです。そんな中、今日は珍しいことがありました。午後のお昼寝の時間、ふぅと一緒にベッドでゴロゴロしていたのだけど眠れず、諦めてリビングに下りてきました。キッズステーションでアンパンマンを放送していたのでテレビを点けておき、ちょっとパソコンに向かっていたら、ふぅがなんだか妙に静か・・・。そっと覗くと、北斗と一緒にいつのまにか寝ちゃってました。ラッキー!こんな日もあるのですね〜。

 8月30日(土)
 今日はみんなでカラオケに行ってきました。みんなヤンチャ盛りなので、大きな声で騒いでも大丈夫なカラオケは案外とよいものでした。今回は歌うことよりも食べることがメインです。子供向け番組の曲をたくさんリクエストして流しておきながら、みんなで食べたりおしゃべりしたり。
 涼寧ちゃんはマイクを持って音楽に合わせてなんとなく歌ってました。う〜ん、さすがです。ふぅはマイクが怖いのか、マイクに触ることも嫌がってましたが、だんだん持つようになり、とうとう握って離さなくなりました。今度はお友達との貸し借りがなかなか大変です。みんな自己主張が始まり、いわゆる「魔の2歳児」になってきましたね〜。
 とりあえず予約してみた2時間はちょうどよく、あっという間でした。