アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々や育児など、日常をつづった2008年7月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2008年 7月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 7月1日(火)
 今朝、廊下に莱夢のオモチャが吐いてありました。夜中に誤飲したのでしょうか?まるまる吐いてあったのでよかったけど、今まで、こんな事はなかったので心配です。

 7月2日(水)
 いつもの支援センターで、七夕飾りを作ってきました。今年はもぉ、あちこち走り回って遊んで、目が離せなくて大変でした。ペンを持たせて短冊にお願いを書かせてあげたら、やっと落ち着いてくれました。ママのお願い事は「ご飯をたくさん食べてくれますように」です。相変わらず食が細いので心配ですが、活発で元気いっぱいなふぅです。

 7月5日(土)
 暑いです!ほんっとに暑いです!!なので、今年初めてのプール遊びをしました。昨年のプールに空気を入れると、微妙に穴が開いてるのかしぼんでしまいます。あちこちテープで補修しながら水を張ってみました。
 駐車場を塞ぐように車を停めて、駐車場のコンクリートを洗います。隅っこの落ち葉から大量のダンゴ虫がわらわらと出てきたときには、ゾゾっとしてしまいました。子供の頃は、ダンゴ虫なんて素手で触って遊んだのに、今は気持ち悪くて直視すらできません。可哀相なようだけど、ホースを「ジェット」に切り替えて、水で流して敷地内から追い出しました。
 今年初めてのプールに、ふぅは大喜びです。穴あきのバケツでシャワーを作って遊んだり、ひしゃくで水を出したり、水遊びを満喫してました。

 7月6日(日)
 今日もプールです。今日は莱夢もお付き合い。ふぅの水鉄砲の格好の的になっている莱夢でした。
 この数日、莱夢の呼吸が変です。時々、咳き込むような、異物を吐き出すような・・・。なんとなく、目つきが鋭く、呼吸が早くて浅いような気がします。心配なので、明日は朝から病院に行ってきます。

 7月7日(月)
 病院で「莱夢の呼吸が早い」と伝えると、「暑いからでしょう」と言われてしまいました。念のためレントゲンを撮ると、右の気管支に白いモヤが・・・。先生は「よく気がつきましたね」と、感心していました。育児もそうだけど、「なんとなく変」「どことなくいつもと違う」っていう感覚、すごく大事だったりします。
 莱夢の病名は気管支炎でした。アルブミンの数値が下がると肺に水が溜まることがあるので、念のために血液検査もしました。数値はTP(血漿総蛋白)が5.0、ALB(アルブミン)も2.1で、そんなに悪くない状態でした。抗生物質と利尿剤で、炎症を抑えながら気管支に溜まった水を排出させます。そもそも、なぜ気管支炎になってしまったのでしょうか?原因はあくまでも憶測だけど、オモチャを誤飲した際に気管に傷が付き、そこから細菌感染してしまったのかもしれません。先生は、腫瘍の可能性も捨てきれないと言っています。正直、怖いです。単なる炎症だけだといいのですが・・・。
 オムツ換え用のスプレーを取ってくれと、ふぅがねだります。渡してあげると、ぬいぐるみを寝かせてオムツを換えるマネをして遊び始めました。コットンも渡すと、ちゃんと拭いてあげてました。なんだか微笑ましいです。そろそ、お世話をしたいお年頃なのかな?

 7月8日(火)
 莱夢はまるで食欲がなくまったく食べてくれません。日中から夕方は苦しいのか、少しでも動くと咳こんでしまいます。利尿剤の効果を感じません。夕方からウンチを数回していますが、さいわい下痢ではないです。夜には緑色の軟便になってしまいました。すごく心配です。22時半頃、ようやく大量のオシッコをしてくれました。そのせいか、咳は若干おさまったようです。23時、落ち着かないようでウロウロ歩きまわる莱夢。子宮蓄膿症を思い出します。つらくて、横になることも座ることもできないのでしょう。23時半になってやっと横になった莱夢です。私は心配で眠れず、明けて1時半頃に様子を見に階下に行ってみました。莱夢は少し呼吸は速いけど、横になって眠っていました。早く元気になりますように・・・。

 7月10日(木)
 今日はとても嬉しいニュースがありました。数年来の悩みがようやく解決したんです。それは、パパの転職です。先月半ばから急に縁あって話が進み、本日、希望の会社から内定の連絡をいただきました。来月からは新しい会社に勤めることになります。長かった、本当に・・・。
 本格的に転職活動を始めたのは1年くらい前からでした。ホントはもっと前から転職活動をしてほしかったのだけど、パパはなかなか乗り気になってくれませんでした。ふぅが生まれていろいろなことがあって、ようやく重い腰をあげてくれたのです。なんせ、今の会社は本当に「ありえない!」会社で、精神的にも肉体的にも経済的にも不安だらけでした。残業代もない、休日出勤手当てもない、定期昇給もない、扶養手当てもない・・・。有給はあっても取らせてくれないし、法事すらも休ませてくれません。どんなに働いても、結婚してふぅが生まれても、お給料は変わりません。それどころか、ボーナスは景気に影響されて半分以下に減ってしまいました。ふぅはどんどん大きくなるし、将来は学費だっていっぱいかかるのに・・・。「暮らしていけなくなるかも」という、生活の根底を揺るがす不安を抱えて、毎日を送っていました。家事と育児と莱夢の散歩が終わった23時以降は、夫婦でパソコンに向かって転職サイトをチェックしたり、応募書類を書いたり、話し合ったり、喧嘩したり・・・。この1年間、サイトの更新が滞りがちだったのはそのためでした。今日でそんな日々も笑い話にできそうです。
 そんなこんなで、少し浮かれていたんでしょう。ふぅに思わぬ怪我をさせてしまいました。あああ、ごめんね、ふぅ!いつも遊んでる滑り台の隙間から、ふぅは転落してしまいました。高さは大人の胸くらいだし、足から隙間にはまり、お腹と顔でつっかえながら落ちたので、衝撃自体は少なかったのがさいわいです。でも、ふぅの可愛い右頬に痣を作ってしまいました。今でもふぅが落ちる姿がスローモーションのように目に焼きついています。ホントに目を離してごめん・・・。大きな怪我をしなくてよかった。ふぅに「苦手意識」を残したくないので、落ち着いた頃を見計らって滑り台に誘いました。1度目はママと手を繋ぎながら、2度目は独りやってみました。問題の箇所は、ちょっと慎重に、四つん這いになってクリアしました。滑り台も「シュー」と自分で掛け声を掛けながら滑り、楽しそうでした。「楽しかった」気持ちで公園から帰れてよかったです。
 問題がひとつ解決しても、我が家にはもっと重大な悩みがあります。それは、莱夢の「健康」です。莱夢の状態がよくありません。さして広くもない部屋の隅から隅へと歩いただけで、苦しそうに咳き込みます。利尿剤が効いてないようで、あまり水も飲まないしオシッコもしてくれない・・・。そんな莱夢を見ていると、真っ黒な不安で胸がいっぱいになります。もう駄目なの、莱夢?こんなふうに苦しんで、だんだん弱って逝ってしまうの?莱夢が若い頃、一緒に遊んだマラミュート達も、ずいぶんと虹の橋を渡っていってしまいました。順番なのかもしれないけれど、逝くには早いよ、莱夢!もしも誰かが願いを1つだけ叶えてくれるのなら、私は間違いなく「莱夢の健康」を望みます。
 あまりに心配なので、病院に電話して相談してみました。利尿剤が効いていないようなので、あと1/2錠追加で飲ませることになりました。その1/2錠が効いたようで、少しだけ落ち着いた莱夢です。どうか神様、もう少し、できればあと5年くらい、私と莱夢にシアワセな時間をください。どうか神様、お願いします・・・。

 7月11日(金)
 莱夢は今朝、苦しそうに茶色のたんを吐きました。食欲はまったくありません。昨夜の電話で利尿剤を増やすことになったので、朝一番で病院に行ってきました。今回もレントゲンを撮りました。現像される間、待合室で過ごします。苦しそうな莱夢の傍で、ふぅが無邪気に遊んでいます。私の心は白っぽく乾いていて、どこか別の世界を彷徨っているような感じで、現実感が希薄になっています。診察室の中では、先生が出来上がったフィルムを光にかざし、難しそうにしています。心の深い部分で、「ああ、ダメなのかもしれない」と思いました。
 診察室に呼ばれたとき、恐ろしい現実を指摘されてしまうのだろうかと、身構えました。ところが、先生から出た言葉は、意外にも「よくなってますね」でした。ふぅっと、身体の力が抜けました。それと同時に、気持ちもふわりと柔らかくなってきました。よかった、本当に・・・。
 前回、白っぽくモヤモヤと映っていた気管支は、クッキリと鮮明に映っていました。利尿剤が効いて水が抜け、炎症も治まってきているそうです。心配されていた腫瘍の可能性も、これで消えました。ただし、気管支自体は、硬くもろくなってきているそうです。それは、年齢を考えると仕方ないそうです。でも、よい方向に向かっているのだから、こんなに嬉しいことはありません。今日からステロイドも再開です。これで食欲が戻るといいのだけど。
 公園には今、クチナシの花が咲いています。子供の頃は、濃厚でむせ返るような独特の香りが苦手でした。今は不思議と懐かしく、清々しくさえ感じます。香りは遠い記憶を呼び醒まします。今はもう取り壊されてない、祖母の家の庭先に、この白い花は咲き誇っていました。煤けた板塀や曇りガラスのはまった引戸、小さなコタツテーブル、その向こうに座る祖母の笑顔・・・。セピアに染まった、懐かしい風景。いつか私の実家も、ふぅの記憶の中でセピア色になっていくのでしょうね。ふぅはどんな香りを懐かしく思い出すのでしょうか?

 7月12日(土)
 莱夢の咳の数がかなり減りはじめました。呼吸数も1分間に30回前後に安定し、食欲も戻りました。よかった、本当に・・・。

 7月13日(日)
 今日は浅間神社の初山祭りです。今年も友達と集まって、お参りに行ってきました。今回は日曜なのですごい混雑ぶりです。神社のうっそうとした木々と細く急な階段は、ふぅを不安な気持ちにさせてしまったようです。御幣でお払いしてもらうときも、額にハンコを押してもらうときも、もぉ大泣きでした。神社の境内から縁日のほうに移動して、ようやく泣き止みました。昨年と違って、いろいろなことが判るのでしょうね。
 出店を冷やかしに、夕方からパパと一緒に出掛けました。歩けないほどの混雑ぶり!出店でやきそばとたこ焼き、焼きとうもろこしなどをなんとか買って帰宅しました。今日はこれが夕食代わりで〜す。
 莱夢はすっかり元気になりました。咳もほとんど止まり、もう元気な頃と変わらないです。

 7月14日(月)
 今日もプールです。すっかり、莱夢もプールが好きになりました。と、言っても、入るわけじゃないのだけど・・・。濡れた足元や、顔にかかる水しぶきが気持ちいいんでしょうね。

 7月15日(火)
 今日は両親が遊びにきてくれました。本当は先月の法事を利用して3泊する予定だったのに、パパの転職絡みで落ち着かず、結局先延ばしに・・・。今月も帰る予定だったけど、内定がなかなか出なかったのでやっぱり帰れませんでした。そこに来て莱夢の不調・・・。両親は心配で心配で仕方なかったのです。莱夢もすっかり元気になり、両親も安心してふぅと遊ぶことができたようでした。
 さらに、莱夢には嬉しいプレゼントが!ホームセンターで新しいクールマットを買ってもらったんです。最近はよいものが出ていますね。凍らせるタイプの保冷剤を4つ入れて、莱夢も悠々と寝転がれるマットの出来上がり!


 7月17日(木)
 莱夢が気管支炎の薬を飲みきったので、念のため病院に行ってきました。気管支炎は完治です!よかった、ホントに・・・。お腹の病気も経過がよくて、抗生物質を飲まなくて済むようになりました。ただし、ステロイドは現状維持です。15日にステロイドを抜いた際、かなりお腹がグルグル鳴っていたので、1ヶ月はこのまま様子を見ます。
 1週間前の苦しい様子が嘘のように、莱夢の呼吸は深く静かです。数えてみたら、1分間に15回〜20回くらい。莱夢に穏やかな日常が戻ってきました。こんなに嬉しいことはありません。
 結婚して以来、ずぅっと悩み続けたパパの転職が解決し、莱夢も健康を取り戻しつつあります。胸の中の冷たくて重い塊が、いつのまにか消えてなくなり、ラクになりました。心は快晴です!

 7月19日(土)
 本日、こちらは梅雨明けしました!このところずっと天気がよかったので、「もぉ梅雨明けでは?」と思っていました。でも、こうして発表されるとなんだかスッキリして清々しいです。
 園芸が趣味の母は、先日こちらに来てくれた際、ご近所の鉢植えがとても気に入り、連日同じ花を求めてあちこち探し回っています。私もお手伝いしたくて近所のガーデニング専門店などに行くのですが、どうしても見つからない・・・。花の名は、「ペトレア・ウォルビリス」です。花が咲く前、5月から6月にわずかに流通するだけだとか。どこかにないかしら??

 7月22日(火)
 今日も暑いのでプールで遊びました。莱夢も必ず参加して、毎回、ふぅの水鉄砲の格好の標的にされています。ふぅはシャボン玉が上手になりました。勢いよく「ふぅ〜」と吹くので、シャボン玉はあまり出ないのだけど、莱夢が追いかけて遊ぶくらいにはなります。水に飽きると、ふぅは小さな掌で水をすくって、莱夢の口元に「どうじょ」と近づけます。莱夢も遠慮なくペロペロ!くすぐったそうなふぅでした。
 水遊びは疲れるんでしょうね。午後はみんなでお昼寝です。ママも一緒に寝ちゃおうかな〜。
 最近、少しずつ言葉が増えてきているふぅは、「にゃんにゃん、ネンネ」とか「らんむ、て〜!(莱夢、どいて)」とか「ぽ(からっぽ)」とか「あっち〜」とか、いろいろ言って面白いです。携帯電話でバァバと話すのもお手の物で、今日の出来事を「しゅー。じゃー。あっち〜。(滑り台した。プールした。暑かった)」などと報告します。
 このところ、莱夢のウンチが臭くなってきました。今までは抗生物質の影響か、体臭はもちろん、ウンチまで匂わなくなっていました。莱夢が莱夢に戻ってきたようで嬉しいです。
 莱夢と北斗は相変わらず仲良しです。夜になってふぅが眠ると、ホッとするのか寄り添っています。子育てのお手伝いありがとう。お疲れ様です。



 7月23日(水)
 今日も暑かった〜!!こう暑いと、午後5時半を過ぎないと出られません。ようやく涼しくなった頃、莱夢も一緒に公園に行ってきました。この時間は子供もワンコもたくさんいるので、ふぅも莱夢も嬉しいようです。ママはどっちにも気を配らばなくてならないので、ちょっと大変ですが・・・。

 7月25日(金)
 先日、母からお小遣いをいただきました。主婦になって家計を預かると、純粋に自由に使えるお金ってなかなか持てません。食費やら何やらいろいろと削って、ようやく捻出する感じ・・・。なので、頂いたお小遣いの使い道を考えるだけでウキウキしてました。自分の物で欲しい物もあるけれど、長く使えて残るものが欲しい・・・。考えた結果、やっぱりふぅの物になってしまいました。それは、ナルミから出ている幼児用の食器、「ブレーメン」シリーズです。離乳食が始まった頃は、プレゼントされたミッフィーのプラスチック製の食器を愛用していました。でも、ふぅが自分で食べたがるようになってからは、軽いプラスチック製よりも、陶器のほうが使い勝手がよくて、大人用の小鉢や小皿を使っていました。本日、注文しておいた食器が届きました。ふぅと一緒にパッケージを開けて、「可愛いね。全部ふぅちゃんのだよ。」と手渡すと、すごく嬉しそうにニコニコしてました。「ふぅ専用」の食器を贈ることで、ふぅが少しでも食事に興味を持って、楽しく食べてくれればママも嬉しいです。
 今日はお天気が崩れるというので身構えていましたが、実際に雨が降り出したのは18時頃でした。ようやく涼しくなった夕方、公園に行ったところ、向こうの空がみるみる暗くなり、時々雷が光るようになってきました。あっという間に黒い雲が頭上を覆い始め、冷たくて強い風が空から吹き降ろしてきました。砂埃で前が見えないくらい!このまま、竜巻でも起こりそうな異様な空と風でした。空が割れるよな、カラカラと乾いた雷鳴が轟きます。まさに、積乱雲の真下に入ってしまった感じ・・・。すぐに家に帰り、間一髪、雨に濡れずにすみました。ふぅは初めて見る雷の光と雷鳴が怖かったようで、莱夢と北斗の顔を見るまでママにしがみついて離れませんでした。

 7月27日(日)
 昨日から、川越百万灯まつりが開催されています。このお祭り、「必ず雨が降る」らしいのですが、今年もジンクスどおりの空模様でした。夕立が去ったあと、涼しくなるのを見計らって、車で行ってみました。ふぅは甚平さんを着て髪を結って、ちょっとお洒落しておでかけです。今年はふぅが歩けるので、ベビーカーと抱っことアンヨと、いろいろ出来てラクでした。
 時の鐘や仲町、連雀町あたりをプラプラして、地ビールで喉を潤しました。小江戸ビール、なかなか美味しいです。川越出身の書道家の矢部澄翔先生が、団扇に名入れしてくれる出店があったので、さっそくお願いしました。ネスカフェ香味焙煎「深山」や、スマスマの「ニッポン道場」など、筆文字を使ったロゴもたくさん手がけている先生です。なので、出来栄えはまさにアート!とてもよい記念になりました。
 本川越に行く前になんだか天気が怪しくなってきたので引き返しました。少しもったいないような気がしましたが、この判断は間違ってませんでした。帰り道、車のワイパーが追いつかないほどの雷雨に見舞われました。そんな雨の中、ふぅは爆睡です。たくさん歩いて疲れたのかな?こんな時間に寝ちゃうと、夜なかなか寝ないのよね・・・。


 7月28日(月)
 先日、食器と一緒に購入したナルミのカトラリー、実はちょっと気になることが・・・。フォークの柄の部分の金の星が、少し剥げているというか、色が落ちているんです。昨日、メールに画像を添えて、購入先に相談してみました。今日になって回答がきました。メーカーが取り替えてくれるそうです。現物を着払いで送ることになりました。誠実な対応には感謝ですが、ふぅの初めての本格的な食器だったのに、なんだかちょっと残念です。

 7月31日(木)
 今日付けでパパは無事に退職しました。「たつ鳥後を濁さず」と言うように、迷惑をかけずにキレイに辞められてよかったです。明日から新しい会社です。最初は大変だろうけど、精神的にも肉体的にも経済的にも、今よりもきっとラクになるはず。家族みんなで応援してるよ!
 今日、メーカーから代替のフォークが送られてきました。真新しいフォークに、パソコンで打ち出されたお詫びの文書が添えられてました。先日送った品物は、社内の品質管理部門で検査するそうです。検査結果は後ほど書面で報告してくれるとか・・・。丁寧な対応だけど、なんだかマニュアルどおりで冷たい感じがしないでもないです。