アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々や育児など、日常をつづった2007年4月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2007年 4月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 4月1日(日)
 先週の金曜くらいから私は風邪をひいてしまってます。喉の痛みから始まって、今は鼻がつらいです。んもぉ、「どこから出てくるの?」ってくらい鼻水が止まらず、頭もズンと重いです。ふぅに風邪をうつしては大変なのでマスクして過ごしているのですが、最近なんでも手で触りたがるふぅにとっては格好のおもちゃ!抱っこしてると手で引っ張ってとってしまいます。ふぅにうつんなきゃいいけどねぇ〜。

 4月2日(月)
 早いもので今日でふぅは7ヶ月になりました。午前中は病院で7ヶ月検診を受けてきました。体重7355グラム、身長66センチ。大きくなったね、ふぅちゃん。顔に乗せたハンカチを取れるかどうか検査したところ、「邪魔!」とばかりに右手で引っ張って取りました。まだお座りは苦手なようですが、6〜7ヶ月の乳児として順調に成長してくれてます。毎日元気いっぱいに育ってくれること、それだけで親孝行です。
 帰宅したらもう正午近くでした。帰りの車中に眠ってしまったふぅは抱っこで家に入ってもめずらしく眠ったまま。目が覚めたころには離乳食の時間からずれてしまいましたが、お腹が空いているようなので初めて頂き物の市販の離乳食を試してみました。キューピーの「にんじんのクリーム粥」です。私も試食してみました。ふ〜ん、こんな味付けなのね〜。いつもママの手作り離乳食を食べているふぅにとって、初めての味だったようです。最初はあまり進まなかったふぅですが、しだいにパクパク食べ始め、結局完食しました。
 ママの風邪は咳こそ出ないものの鼻づまりがひどくって苦しいです。いつもふぅを抱っこしてオッパイだし、夜は添い寝なので、風邪をうつさないか心配です。

 4月4日(水)
 昨日の夜からなんとなく機嫌が悪かったふぅ。お腹も少し下痢気味で心配です。今朝になって38度を越す熱が出たため、急いで近くの病院へ。「突発性発疹」と診断されました。3〜4日高熱が続き、熱が下がるとお腹を中心に発疹が出るそうです。病院では抗生物質と下痢止め、解熱剤が出ました。
 この病院はとにかく近いから行ったのですが、薬の出し方が気になります。突発性発疹ならウィルス性なので抗生物質は必要ないはず。下痢止めは赤ちゃんには使ってはいけない強い物だと分かり、結局、解熱剤だけ飲むことにしました。早く元気になってほしいです。

 4月6日(金)
 下痢がひどく、今までオムツかぶれなんかしたことないのに、ふぅのかわいいプルプルお尻が赤くなってしまってます。機嫌が悪くて泣いてばかり。熱は37度後半から39度近くまで上がったり下がったり・・・。かわいそうに、どれほどつらいんでしょう。ママは代わってあげたいです。
 解熱剤をよく調べてみたら、赤ちゃんに使ってはいけない薬だと分かりました。もぉ、近所の病院は信用できません。近くに小児科はないか調べたら、昨年9月オープンの病院が歩いて行ける場所にありました。さっそく行ってみたら、問診も薬の説明もとても丁寧でよかったです。やはり突発性発疹が疑わしいそうです。整腸剤と、熱が高くてつらそうなときに使う座薬が出ました。来週の月曜日になっても熱が下がらなかったら再診するようにとのことです。

 4月7日(土)
 熱が少し下がると機嫌がよく、寝返って遊ぶふぅです。今日の夜になって初めてうつぶせから仰向けになることができました。寝返りながら、ごろごろ移動することが出来るようになったんですね。ますます目が離せない!ハイハイもしたいらしく、腕を突っ張って足をバタつかせてます。でも、お腹が滑って後ろに行ってしまうふぅちゃん。

 4月8日(日)
 ふぅに掛かりっきりで、ちっともかまってあげてない莱夢。それでも聞き分けよく、とてもよい子にしていてくれて本当に助かります。そんな莱夢をパパが公園に連れて行ってくれました。桜がまだ咲いているようです。ふぅが元気になって落ち着いたら、ドッグランに行こうね!

 4月9日(月)
 今日になっても熱は下がらず、夜は39度を超える発熱です。午前中小児科に行って、インフルエンザの検査と尿検査をすることになりました。インフルエンザは陰性でした。問題は尿検査!赤ちゃんの場合、大人のように採尿できないので、ビニール製のパックを貼り付けて採尿します。これがまた痛そうで・・・。漏れないようにテープでしっかり貼られるので、ようやく直りかけたオムツかぶれがまた赤くなってしまいそうです。午前中いっぱいオシッコを待ったのですが出ないふぅちゃん。そうだよね、これじゃ出しにくいよね。帰宅後に出たので容器に詰め替えて午後検査してもらいました。
 結果、オシッコから細菌が出ました。「尿路感染症」とのことです。ふぅのお尻はいつも温水スプレーで洗い流してピカピカにしていたのに、そんな病気にさせてしまってすごくショックです。実際は清潔にしていても不潔にしていても病気になるときはなってしまうそうですが・・・。
 病名が分かったので、抗生物質「メイアクト」で菌を殺しながら様子をみることになりました。念のため、明日の午後も診察してもらうことになりました。
 薬は粉なので飲ませるのが大変です。いつもご機嫌なふぅが泣いてばかり。それでもパパに抱っこされて大好きなボールを持ってニッコリなふぅ。熱は40度近いです。心配なので夜9時に解熱剤の座薬を入れました。早く元気になってほしいです。

 4月10日(火)
 朝起きて熱を計ると体温は35度後半。今度は下がりすぎです。ところがお昼には38度、午後2時には39度後半と、どんどん上がっていきます。もう心配でたまりません。
 午後の診察を1番で受けたところ、抗生物質が効いていれば、熱が下がったら上がることはないそうです。ほかの病気かもしれません。大学病院での血液検査を勧められ、紹介状を持って行くことになりました。
 車で20分ほどの埼玉医大の医療センターに行き、血液検査と尿検査をしました。血液は、少し炎症反応があるけれど心配なレベルではないそうです。入院はしなくてすみました。オシッコはうまく採れなかったので、明日の外来で再診となりました。
 熱は39度代あります。機嫌は少し悪いけど、オッパイもよく飲むし脱水してないので、あまり心配しなくても大丈夫だとか・・・。でも、ふぅは寝返りもうちません。あまり笑いません。好きだった離乳食も食べてくれません。きっと、すごくだるくてつらいんでしょう。心配しなくても大丈夫って、そんなの無理です。

 4月11日(水)
 午前9時の予約で医療センターに行ってきました。すごい混み具合です。まずは採尿用のパックを付けますが、3日連続貼りつけられているので、ふぅのおマタは真っ赤で痛そうです。かわいそうに、嫌がって本気泣きしてるふぅを見てるとこちらまで泣いてしまいそうです。
 朝の体温は35度代と低体温でしたが、10時すぎには36度7分と平熱になりました。尿検査の結果、オシッコはとてもキレイだそうです。メイアクトが効いているのならなぜ熱が下がらないのでしょう?先生は、単なる風邪なのかもしれないとも言ってました。乳幼児の発熱の原因は分かりにくいとも・・・。とにかく、治療方針は「尿路感染症を治す」ということになり、引き続き8日間メイアクイトを飲むことになりました。
 帰宅したらもう午後1時です。すっかり不機嫌なふぅでしたが、疲れたのかよく眠ってくれます。これで熱は上がらないかと思っていたら、夕方からじわじわと上がりはじめ、夜9時には39度後半に・・・。オッパイを吸う力もなんだか弱々しくて、とても心配です。つらそうなので解熱剤を入れて寝ることにしました。どうか、少しずつでもいいからふぅが元気になりますように・・・。

 4月12日(木)
 連日病院に行っていたふぅ。今日はどこにも行かずに家でゆっくりすごしました。ふぅの熱はようやく下がりはじめました。37度前後に安定し、ご機嫌も良好です。食欲も戻ってきたようで、離乳食をおいしそうに食べてくれました。オムツ換えのときに寝返ろうとしたり、携帯電話を取ろうと手を伸ばしたり、だいぶいつものふぅに戻ってきました。ホントによかった〜!このまま夜になっても熱が上がらないといいのですが・・・。
 夜になると熱は36度後半に安定しました。体調がよくなって活発になり、オモチャを振り回したり大声出したり、表情も豊かで明るくすごく元気です。ただ、夕方くらいからお腹を中心に発疹が・・・。熱が下がると出る発疹って、やっぱり突発性発疹だったのかしら?
 熱が下がってひとまず安心したので、帰宅したパパにふぅを見ていてもらい、久しぶりに莱夢と散歩に出ました。ああ、こんなに季節は移っていたのですね。しっとりとした空気に新緑のやわらかい香りが混じってます。莱夢も私を見上げながらルンルン歩いてました。この数日は莱夢なりにふぅっを気遣い、ふぅの足や手をそぉっとなめたり、物静かに寄り添ってすごしていました。きっと、この散歩で莱夢も安心したんでしょうね。我慢強く優しい莱夢ちゃん、いつもありがとう。

 4月13日(金)
 朝になると、ふぅの発疹は胸や背中にも広がってきました。熱はすっかり下がり、36度後半をキープです。念のために近くに小児科に行ってきました。医療センターから血液検査の結果が行っていたらしく、「血液に異常なくてよかった」と、ホッとした様子。お腹の発疹については、「う〜ん」と首をかしげてました。確かに尿検査の結果、細菌が出てるので尿路感染症だったと思われるふぅちゃん。でも、抗生物質が効いてオシッコがキレイになっているのに熱が下がらなかったのは、突発性発疹にもなっていたとか?少なくとも、この発疹はアレルギー性のものではないようです。少し様子をみることになりました。
 夕方から顔にまで発疹が広がり、少し痒いのか手で擦る仕草をします。

 4月14日(土)
 すっかり熱は下がり、元気になってきたふぅですが、昨夜は顔の発疹が痒かったのか、眠ると目蓋や眉毛のあたりを擦って起きてしまいました。水で冷やしたガーゼを乗せると気持ち良いようです。冷やす→眠る→ガーゼ取る→痒くて起きる→冷やす→と、何度も繰り返し、ふぅが寝付いたのは明け方4時くらいでした。寝不足もあるせいか、かなりご機嫌ナナメです。
 よいお天気なのに外出できずに淋しいです。莱夢はパパと一緒に水上公園へお散歩に行ってきました。あ〜、私も行きたいなぁ。でも、もうちょっとふぅが落ち着くまでガマンです。ふぅが生まれてから何度も公園に行っていたけれど、今までなぜか会えなかった散歩仲間たち。ようやく、はなちゃんやミッチェルちゃん、ポッター君、フーコちゃんなどの散歩仲間に出会えたらしく、だいぶゆっくり散歩できたようです。帰りは狂犬病の予防接種で病院に立ち寄り、大好きな先生にまで会えてご機嫌な莱夢でした。
 夜になると、お腹や胸の発疹はだいぶ薄くなってきました。顔の発疹はまだ出てるけど、昨夜ほど痒くないようです。今夜はゆっくり眠れるといいね。

 4月16日(月)
 発疹は昨日の夜にはほぼ消え、今日になると完全に消えました。ふぅの機嫌もすっかりよくなり、いつものニコニコ顔のふぅに戻ってくれました。この数日はなかなか聞けなかったおしゃべりも活発になって、ママは一安心です。

 4月18日(水)
 一安心したのもつかの間、昨日からふぅの下痢がひどくなってきました。「抗生物質がお腹の善玉菌も殺してしまうために下痢する」とは聞いていたけれど、それにしては変?オムツから漏れて洋服まで染みちゃうくらい水っぽくて、色も白っぽい・・・。昨夜は薬を飲んでも咳き込んで3回も吐いてしまうし・・・。
 今日になっても下痢が収まらないしオッパイを吐いたのですぐに病院へ行きました。どうやら、ロタウィルスに感染して胃腸炎を起こしているようです。脱水してないし熱もなく、機嫌もよいのでまだ軽いほうでよかった。
 9日に採ったオシッコの培養検査結果が出て、サルモネラ菌が検出されました。ふつう、尿路感染症では出ないそうです。下痢のウンチと一緒に出たオシッコを自宅で採取したから、混じってしまったのかも。念のため、ウンチの培養検査もすることにしました。
 ママからもらった免疫が薄れてしまって無防備なふぅです。あらゆるウィルスや細菌に感染しやすいのでしょう。わかっていても、ママとして至らない点があったのではないか?と、悩んでしまいます。

 4月19日(木)
 ふぅはロタウィルス下痢症の特徴どおり、時にはシーツまで染み出すくらいの水のようなウンチをします。やっと洗濯が終わったと思ったら、また全身着替えるくらい汚れちゃう。それが1日4〜5回も。ウィルスだらけの洗濯物なので除菌しないとまずいし、天気もイマイチだし大変です。それに、何よりもふぅが脱水しないか心配。様子をみるかぎりではオッパイに貼り付いているので大丈夫みたいですが。
 困ったことに、ふぅは母乳以外の水分をほとんどとりません。具合の悪いときこそイオン飲料などを飲んでほしいのに、ますますオッパイオンリーになってます。ふぅが病気になって以来、離乳食はあまり食べずメインは母乳になってました。母乳は受注生産なので、ふぅが吸えば吸うほど出ます。この3週間は自分でも量が増えているとわかるほど出てます。母乳育児、がんばってよかった!
 機嫌もそう悪くなく、元気は元気なふぅです。莱夢がお気に入りで、並んで座らせると大喜び!最初は莱夢を撫でていたふぅですが、何でも口に入れたいふぅは莱夢にかぶりつこうとするので油断できません。莱夢、「もぉ、このチビなんとかしてぇ〜」と困惑気味です。

 4月20日(金)
 まだウンチのたびに着替えなくてならないくらい水っぽいですが、少し黄色っぽくなってきました。ウィルスが体外に排出されてる証拠です。
 寝返って遊びたがるので、オムツ換えは大変です。ウンチまみれのお尻で寝返ろうとするから、「ふぅ、やめてーーー!」と、なることもしばしば。元気な証拠ですが・・・。
 北斗はよいお兄ちゃんで、ふぅが手を伸ばすと「まぁ、撫でてくれてもいいにゃんよ」と、じぃっとしてます。ふぅも北斗の手触りは大好きで、嬉しそうにママを見て笑います。
 ふぅをお風呂にいれたくらいから、なんとなく私の体調がおかしくなってきました。背中がぞわぞわするし、腰が痛い。熱が出る前兆です。ふぅを寝かしつけるころには38度を超え、全身に鳥肌がたってゾクゾク寒い状態に・・・。まだまだ上がりそうです。思ったとおり、明けて午前2時には39度を超えてしまいました。ふぅの解熱剤をもらってとにかく寝なくちゃ!

 4月21日(土)
 朝になったら私の熱は下がりました。この3週間の疲れがどっと出たんでしょうね。まだ少し身体がだるいけど、もぉ大丈夫です。
 さて、微妙にホフク前進ができるようになってきたふぅ。遊びたいオモチャがあると、ずり這いっぽい動きでなんとかゲットします。ウンチはだいぶ色が付き、夕方にはほぼ元通りになりました。午後6時のウンチを最後に、下痢は治まったようです。夜、パパが抱っこしているとき、「今、ぶりぶりっていった!」と言うのでオムツを換えてみると、オシッコのみ。オナラも出るようになってきました。昨日まではオナラも何も一緒だったからねぇ・・・。
 寝かしつけるころには、ふぅはフルパワーに復活!嬉しいのか全身を使って表現します。表情も豊かで声を出してキャーキャー喜びます。体調がよくなってよかったね、ふぅちゃん。ママも、やっと安心です。

 4月22日(日)
 今日はパパの会社の方々とバーベキューの約束がありました。すごく迷ったのだけど、ふぅも莱夢も私も行くことにしました。
 結果的には、参加してよかったです。ふぅはほかの奥様方や小学生のお姉さんたちに抱っこしてもらったり、機嫌よく元気に過ごすことができました。莱夢も久しぶりにお肉を食べたり、木陰で昼寝したり、たくさんかまってもらえて嬉しそうです。
 外出中は一度もウンチしなかったふぅですが、帰宅後、すぐに出ました!もぉ、すっかりいつものふぅです。よかった〜!ロタウィルス、撃退完了です。

 4月24日(火)
 18日に採ったウンチの検査結果を聞きに病院に行ってきました。やはりウンチからもサルモネラ菌が出てました。今はすっかり元気で何の症状もないけれど、サルモネラ菌は簡単には死滅しないそうです。4日間、サルモネラ菌に有効な抗生物質を飲むことになりました。やっとお薬から解放されたのにね〜。

 4月28日(土)
 昨日で抗生物質を飲みきったふぅは、ようやくストレスなく暮らせるようになります。でも、お薬のせいかお尻がかぶれがちです。早くよくなるといいね。
 午後からバァバの家に遊びに行きました。すっかり元気になったふぅに、ジィジもバァバも安心した様子です。
 帰宅して気が付いたのですが、なんと!ふぅに歯が生えてきました!右下の前歯が、薄桃色の歯茎からうっすらと白く覗いてます。ひとつひとつの成長が嬉しくて楽しみで・・・。親になるって、すてきなことです。

 4月29日(日)
 食欲が旺盛になってきたふぅ。病気になる前よりも食べられるようになってきました。口の周りや手をベタベタにしながら、もぐもぐする姿は可愛いです。
 午後から水上公園に行ってきました。お散歩仲間に電話して待ち合わせして、ようやくふぅのお披露目ができました。みんな変わりなく元気でよかった。莱夢もみんなに会えて嬉しそうでした。ただ、ふぅのベビーカーにほかのワンコが近づくとちょっと心配そうです。ふぅのこと、守ろうとしてるのでしょう。

 4月30日(月)
 お弁当を持って森林公園に行ってきました。今月はふぅに掛かりっきりで、季節の移ろいを感じる余裕がなかったようです。こうして緑に囲まれてのんびりすると、もぉ初夏なんだなぁと実感!「万緑の中や吾子の歯 生へ初むる」中村草田男さんの俳句を思いだします。
 夕方はドッグランに寄り、ベビーカーが入れないのでパパとママ交互に莱夢に付き添いました。莱夢はパパママ両方いないと嫌なのか、柵越しにふぅのベビーカーに寄り添ってしまいあまり遊びません。