アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々をつづった2006年5月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2006年 5月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 5月1日(月)23W
 今日はとにかく暑い!30度近く気温があがり、まるで夏のような蒸し暑さでした。なので、お部屋も夏仕様に模様替えです。竹製のラグを敷き、ファブリックも夏用に変えました。莱夢には、凍らせておいた「凍らせても硬くならない枕」をタオルで包んでプレゼント。ヒンヤリして気持ちいいのか、抱え込んでおりました。

 5月4日(木)23W
 明日から新潟方面に旅行に行きます。パパもママも準備で大忙し!莱夢と北斗はちょっとソワソワしてましたが、やがて疲れたのか一緒に寝ておりました。そんなにくっ付いて寝なくてもいいのに・・・。北斗はだいぶ窮屈そうです。

 5月5日(金)24W
 我が家の旅行は、人より2時間ほど前倒しで行動するのが鉄則です。前の晩は早めに休み、早朝3時に起きました。(ママはほとんど眠ってませんが・・・)莱夢に軽めの食事をとらせ、午前4時に自宅を出発です。
 さすがに早朝4時すぎの関越道はガラガラでした。午前6時まではETCの割引がききますので、100キロ以内でいったん高速を降り、もう一度乗りなおします。すると、高速代は約半額で済みました!
 関越道を月夜野で降りて、国道17号線をのんびりドライブ。早朝の赤谷湖でちょっと休憩をとりました。鏡のように静かな湖面は、周りの景色を映しこんで神秘的な美しさです。
 そのまま猿ヶ京や苗場をすぎ、目的地の湯沢には午前8時に到着しました。新潟は、まだ早春のかおりがしました。雪と新緑と桜と梅が、いっぺんに楽しめます。
 湯沢東山フィッシングパークで、釣りを楽しみました。ここはワンコも入場OKです。ママと莱夢は車の中で仮眠をとりました。1時間後、ママもちょっと釣りに挑戦!餌釣りなので、すぐに釣れちゃう!釣った魚はその場で炭火で焼いてくれます。淡白なニジマスを塩焼きにしていただきました。
 午前11時すぎ、魚沼スカイラインに向かいましたが、あいにくまだ雪が多くて通行止でした。そのまま松之山をめざしました。松之山に莱夢を連れて行くのは初めてですが、パパとママには馴染みの場所です。パパは高校時代、この松之山で部活の合宿をしてました。まさに青春を謳歌した懐かしい場所なのです。卒業後もOBとして合宿に参加してるし、冬はほぼ毎年友人とスキーを楽しんでます。勝手知ったる土地なのです。
 松之山スキー場の駐車場で朝昼兼用の食事をとりました。松之山スキー場は、まだ営業できるほどの雪が残ってました。さすが豪雪地帯です。温泉街の駐車場は意外にも満車だったので、その後は松代の駅まで足を伸ばしました。時間も午後2時を回ったので、棚田は見に行かずに宿泊地を目指すことにしました。
 今日の宿泊は、石打にあるペット歓迎のペンション「ペットと泊まれる宿 センタークラブ」です。細い山道を登ること5分、ゲレンデの目の前にペンションは建っています。入り口にはワンコの足洗い場があり、タオルまで付いているのでたいへん便利です。午後3時にチェックインを済ませ、荷物を降ろしてからお部屋でちょっと休憩・・・。昨晩ほとんど寝てないので、パパとママは仮眠を1時間ほどとりました。
 ペンションの目の前に広がるゲレンデには、まだ雪がたくさん残っています。夕方、莱夢と一緒にお散歩!久びりの雪の感触に、莱夢はすごく嬉しそうでした。
 ツワリが相変わらずのママなので、夕食が食べらるかどうか心配でしたが、とても美味しくいただけました。夕食後にお風呂に入り、一休みしてからダイニングに行ってみましたが、どなたもいらっしゃらないようです。なので、今日はお部屋でのんびりすごし、早めに休むことにしました。お部屋からは湯沢の夜景がきれいでした。






 5月6日(土)24W
 今日も絶好の行楽日和です。10時にチェックアウトした後、「登川河川公園」に向かいました。ペンションでいただいた観光マップには、「広大な芝生でワンちゃんも思い切り遊べます」と書いてあります。地図を頼りにウロウロしたのですが、どうしても見つからない・・・。2往復ほどしてみましたが、今回は諦めて別の場所に行くことにしました。
 大源太キャニオンは、湯沢インターから20分ほどのキャンプ場です。駐車場にあるイタリアレストランの「タヴェルナ・ヴィチーニ」は、テラス席ならワンコもOK!本格的なイタリアンと、釜焼きのパンを楽しめます。私たちは食事はしないでソフトクリームのみをいただきました。とても濃厚で美味しいです。
 午後12時半、高速道路が混む前に帰路に着きました。高崎あたりから交通量が増えてきたので、そのまま川越までノンストップで帰りました。自宅には午後2時すぎに到着!あっという間に早春の新潟から初夏の埼玉に戻ってきてしまい、ちょっと味気ないです。
 北斗はお留守番で淋しかったのでしょうね、莱夢にべったり甘えた後、爆睡タイム・・・。莱夢も疲れたのか、ご覧の姿でお昼寝してました。



 5月8日(月)24W
 天気が不安定だと、北斗もあまり元気がありません。ちょっと風邪気味になると、いつも左目を痛そうにつぶっています。これは、子猫の頃に結膜炎を患っているからだとか・・・。(北斗は我が家に迎えたとき、ひどい下痢と軽い結膜炎になってました)疲れたり体調が悪いと、少し左目がモヤモヤしてしまうようなのです。目薬を差してあげたら、翌日にはまん丸のお目々に戻りました。

 5月12日(金)25W
 水曜日くらいから、非常に具合が悪い・・・。もぉ、気持ち悪くて気持ち悪くて、泣きたいくらい・・・。だいたい2、3週間ごとに波があるのだけど、ツワリがひどくなった後にお腹が大きくなる傾向があるみたい。子宮が胃を押し上げてるのね、きっと。そんな中でも夕食だけは作ってる私。でも、もうだんな様が帰ってくる頃には吐き気をこらえてるのがやっと・・・。
 今朝起きたら、大変なことが!昨晩、あまりに具合が悪く、うっかり骨付き鶏肉の鍋を出しっぱなしで寝てしまった私。その鍋が見事にひっくり返されてる!幸いにも下向きに落ちたから、中身は無事でした。でも、鶏肉が1本しかない・・・。私、2本とっておかなかった?いや、1本だったかな?う〜、はっきり思い出せない!北斗が骨ごと食べるわけないからいいけど、問題は莱夢。鶏の骨は鋭く割けるので危険。まさか莱夢が食べたんじゃないでしょうね?部屋にはそれらしい痕跡はないし、莱夢の口や前脚にもニオイやタレは残ってない・・・。でも、1本足りない気がするし・・・。
 動物病院に電話して対処方法を聞くと、「とにかく様子を見て。食事は普通に。」とのこと。いつもどおり食事をとらせて様子を見ることにしました。ふだんと変わりない食欲だし、散歩に出ても元気に歩くし、痛かったりツラそうな素振りはない・・・。
 心配なので、今日はリビングに布団を敷いて莱夢と一緒に寝ます。ああ、食べてないといいんだけど・・・。

 5月13日(土)25W
 莱夢は変わりなく、ウンチもオシッコも通常どおり。食欲もいつもどおり・・・。どうやら、莱夢は鶏肉も骨も食べてないみたい。やはり鶏肉は最初から1本だけだったのかしら?自分がいくら具合が悪いからって、あまりに不注意だし、注意力散漫すぎです。悔やまれます。莱夢と北斗に何事もなくてよかった。もっとしっかりしなくちゃ・・・。

 5月17日(水)25W
 今日は定期健診!しかも、楽しみにしていた4Dを撮影する日!通常の2Dのエコー画像とは違い、4Dだと顔立ちまでハッキリ判るのです。・・・・が、お顔の前に臍の緒があって見えな〜い!30Wくらいまでならまだチャンスがあるそうなので、次回に期待です。
 ベビーはとても順調で、大きさ、成長具合ともに標準だとか。彼女(ほぼ確定)の足は、私のお臍の横まで達してます。蹴られると「は!」っとするほどの衝撃・・・。
 最近の妊婦は体重管理が大変!病院側もかなり厳しく指導します。ただ、私の場合は最初に7キロ以上減った上、未だにツワリの症状が治まらなくて食べられないので、体重管理は楽(?)です。妊娠初期から増えた体重は3.8キロ。このまま緩やかに元の体重に戻るくらいでちょうどいいみたい。

 5月21日(日)26W
 金曜日から里帰りしています。帰る日になって嬉しいハプニング!ソウル一家がお孫さんの柊哉君を連れて遊びに来てくれました。昨年の夏に一緒に旅行した柊哉君も、やんちゃに成長しています。柊哉君は普段から3兄弟に揉まれて暮らしてるので、大きな莱夢をまったく怖がりません。むしろ、莱夢のほうがそのやんちゃぶりに「何かする?」と、ドキドキしたらしく、「イィ!」と、鼻にシワを寄せて警告してました。そのうちに「害はないみたい」と安心したのか、無関心になりましたが、目と耳はしっかり柊哉君を追いかけていました。なるべくみんなの中心にいてかまってもらいたい莱夢なのでしょう、時々強引に割り込んできて、無理やりみんなの間にお座りしてました。
 私にベビーが産まれたら、莱夢はどんな反応するのかしら??今から楽しみです。
 ワンにゃんと暮らしながら柊哉君を育てているママのお話は、すごく参考になりました。感謝感謝です。ワンにゃん家庭特有のベビー用品の揃え方や準備など、全然判らないんだもの・・・。

 5月25日(木)26W
 先日上手く撮れなかった4Dを撮りに病院に行ってきました。1回目は完全にうつ伏せでNGでしたが、20分後に再チャレンジしたところ、なんとか、なんとかお顔を見ることができました。手前に腕の一部分がかぶっていてあまり見えませんが、判ります?うつむき加減に目を閉じている姿・・・。おでこから鼻にかけてのライン、パパそっくりです!お腹の中をそぉっと覗けるなんて、なんだか不思議。あと3ヶ月で会えるのね〜。元気で生まれてきて欲しい。でも、例えそうでなくても、まるごと受け入れてあげたいと思います。

 5月26日(土)27W
 最近、せまいソファで寄り添って寝てばかり。北斗と莱夢はふだんはあまり干渉しあいませんが、気がつけばなんとなく一緒にいます。仲良きことは美しきかな・・・。
 もう7ヶ月目も終盤です。よく、「十月十日」と言うけれど、現在の予定日の割り出し方はだいぶ違います。誕生日から「十月十日」を引いても、別に意味のある日にはならないんですよ〜。
 最終月経の初日を0週目0日とし、40週0日(つまり280日目)を出産予定日と定めるのです。しかも1ヶ月を4週間と数えるので、0週〜3週は1ヶ月目、4週〜7週は2ヵ月目になります。だから、生理が遅れて1週間ぐらい経って「あれ?」と思う頃は、すでに5週目(2ヵ月目)に入っています。妊娠1ヶ月目の重要な時期は、まるで無自覚に過ごしてしまうものなんですね。
 よくドラマとかで「妊娠2ヵ月ですよ」とか言われてるシーンを見て、「なんで2ヵ月間も気が付かないのかな?」と思っていたけど、こういう数え方なら納得でしょ?


 5月27日(日)27W
 毛繕いに夢中な北斗君。それでも「北斗!」と呼びかけると、「なに?」と動きを止めてこちらを見ます。そのあと、「んだよ、呼ぶなよ」と毛繕いを再開・・・。その仕草が可愛くて、ついつい何度も呼んでしまうのです。

 5月30日(火)27W
 「贅沢なお産」というドラマ、なんとなく見てしまいました。伝えたい事はよく判ります。私も同じように、豪華な設備の病院で産むことが贅沢だと思っていましたから・・・。予約しようとした病院は予定日の半年前なのに既に予約がいっぱい・・・。仕方なくほかの病院を探して、「豪華」とは無縁のアクティブバースに出会えました。やはり「起きた出来事にはすべて意味がある」と実感しました。不必要な医療介入はいっさいしない、分娩台もない、医者の都合で促進剤を打たれることもない、自然に、あるがままに赤ちゃんを産む・・・。私にとってはとても「贅沢なお産」なのですが、どうでしょうか?

 5月31日(水)27W
 今日も検診に行ってきました。もうすぐ妊娠後期に入るので、検診は2週間毎です。順調に育ってくれてます。ベビーは胃の横あたりまで蹴飛ばしてきます。ますます胃が圧迫されて気持ち悪い〜。
 確かにツワリは重いほうみたいです。(まだ現在進行形だし)でも、辛くて泣いたり落ち込んだ日は、片手で余るほどしかありませんでした。ママが笑顔でいられることが、何よりの胎教だとか・・・。これもだんな様の協力と、莱夢&北斗のお陰です。笑顔でいられる毎日をありがとう。