アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々をつづった2005年10月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2005年 10月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 10月1日(土)
 本日、莱夢は6歳の誕生日を迎えました。6年前の今日、この世に生まれてきてくれたこと、心から感謝です。ありがとう莱夢!
 6歳という年齢は、大型犬の寿命を考えるとそろそろシニアです。(v_v)淋しいような悲しいような・・・。でも、莱夢はとっても元気!これからも莱夢と一緒にいろいろなことに挑戦していきたいと思っています。応援よろしくね!
 今日は実家の両親と弟夫婦が、莱夢のお祝いも兼ねて遊びに来てくれました。突然の来客にとても喜んだ莱夢です。誕生日を賑やかに過ごせて嬉しい莱夢でした。

 10月3日(月)
 北斗のフロントラインに行き、体重を量ったところ、恐ろしいことに5.8sに増えていました!ダイエットしてるはずなのになぜ??「おデブ!」と言うと、この表情・・・。ぜったいに「お前に言われたくねぇよ!」って言ってますね、これは・・・・。でも、やっぱり北斗は男前よね〜。私にとっては究極の美猫なのだわ。まぁ、ちょっと下半身デブだけど・・・。(*^_^*)
 北斗のご飯の軽量カップにの引いた、「1回分はここまで」の線を、さらに下に引きなおしたママです。

 10月4日(火)
 莱夢はただいま換毛期です。毎日かなりの抜け毛!そろそろ冬用のアンダーコートが生え始めていて、写真のような縞模様ができてます。う〜ん、ちょっとトラ柄みたい・・・。いや、ウリ坊って感じかな?

 10月5日(水)
  莱夢のお散歩途中、金木犀のあまい香りが漂ってきました。季節はすっかり秋ですね。朝晩は肌寒いくらいなので、北斗の冬用のベッドを出しました。さすがにヒーターは入れてませんが多少は暖かいみたい。

 10月6日(木)
 莱夢のお誕生日に、どうしてもプレゼントしたかったのが羽毛のクッション。すっかり落ち着いてしまっている莱夢は北斗同様寝てばかり・・・。2歳のお誕生日にプレゼントしたクッションはすっかりヘタれているから、フカフカの羽毛のクッションでゆっくり寝かせてあげたいな・・・。でも、ペット用のLLサイズってすごくお高い・・・。そこで考えました!人間用の羽毛布団なら安く手に入るかも・・・。
 ネットで探すと、あるもんですね〜。なんと、3150円!購入者の感想を読むと、決して「安かろう悪かろう」ではない感じ。なので、注文してみました。届いた羽毛布団はちょっと薄手ですが、手触りも造りもなかなかです。
 さっそく四つ折にして、ピッタリのカバーを作ってみました。カバーの布地は莱夢の毛が付きにくいように、サラサラしたサテン系にしました。色はアイボリーとベージュのリバーシブル。
 羽毛布団を入れると思ったよりもずっとフカフカでいい感じです。サイズも75cm×105cm×20cmとボリュームがあってなかなか満足なデキ。(*^_^*)
 肝心の莱夢はと言うと、かなり気に入ってくれた様子!安くてもよい買い物でした。(^O^)


 10月9日(日)
 滅多にない3連休で涼しい季節!という好条件が重なるも、莱夢はヒート中で天気は雨!という悪条件が重なって、我が家はゴロゴロ寝て過ごす連休になりそうです。北斗は暖かいテレビの上で眠り、莱夢は外のにおいを嗅いだり、新品のクッションに埋もれて寝たりしてます。
 今日の夕食はパパがもんじゃ焼きを披露してくれました。お餅を入れたのでかなりネッチョリ!香ばしくて美味かった!!明日の昼は焼きそばを作ってくれるそうです。楽しみだわ〜。(*^_^*)
 夜はビデオをボーっと見ました。懐かしの「あぶない刑事」です。やっぱりカッコいいわ、面白いわ、バブリーだわ!22日から公開の映画、見たくなっちゃった・・・。




 10月13日(木)
 莱夢のヒートがほぼ終わったので、久しぶりに水上公園に行ってきました。ただし、時間はずらしてかなり早めに・・・。でも結局5時すぎまでいました。はなちゃんやポッター君、ミッチェルちゃんに会うことができ、莱夢も大満足だったようです。
 莱夢は長いお散歩に疲れたのか、帰ってご飯食べると爆睡モードに突入!

 10月15日(土)
 今日明日は「川越まつり」です。川越に引っ越してきて初めての大きなお祭りにちょっとワクワクな私。と言うのは、私達の住む町内にも山車があるからです。山車の人形は「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」。今年はお祭りに出るらしいのですが、会場の本川越近辺に行く前に、町内を山車が練り歩くとのこと・・・。すると、午後2時頃、ふいにお囃子の音が聞こえてきました。慌ててカメラを持って莱夢と一緒に道に出てみました。来ました!「そーれ」の掛け声で山車はかなりのスピードで進んできます。でも、人形はついてません。それでもかなり大きいです。鳶の方々が屋根の上で電線を押し上げて進んでました。莱夢は初めて見る山車に「なんだこりゃ〜」と耳を倒して見入ってました。
 川越まつりの見所は夜の「曳っかわせ」です。「曳っかわせ」とは、交差点などで出会った山車同士が正面を向け合って、お囃子と踊りを競い合うことで、たいへんな盛り上がりなんだとか・・・。絶対に見に行くぞ!
 しかし夕方からあいにくの雨・・・。それでも自宅から歩いて本川越まで行ってみました。かなりの土砂降りでしたが、山車が3台集まって「曳っかわせ」をしていました。なかなかの迫力なのですが、とにかく雨がひどくて・・・。結局8時すぎには山車は帰っていきました。明日は晴れの予報なので、期待したいと思います。

 10月16日(日)
 雨は午前中にあがり、暑くもなく寒くもなく、絶好のお祭り日和!今日は相方の両親と一緒に、午後5時から会場に行ってみました。首には数日前に町内会から配られた、町名と人形名を染め抜いた手ぬぐいを巻き、準備もばっちりです。
 本川越の駅に着くと、さっそく山車が見えてきました。見てください、この豪華絢爛な山車!様々な彫刻や金箔で飾り立てた美しい山車が、提灯の灯りも華やかにお囃子を奏でながら練り歩きます。私達は山車を見ながら、我が町の山車を探してまわりました。本川越の駅前から札の辻まで行っても見つからず、川越会館のオジさんに聞いてみましたが、「どこかにいるはず」とのこと。う〜ん、目指す「木花咲耶姫」の山車はいずこに??
 そうこうしているうちに6時半になり、「曳っかわせ」が始まりました。連雀町交差点でまず3台。すごい熱気です。お揃いの祭装束で決めてる若衆が山車の前に集まり、各町名が書かれた提灯が高々と上げながら、「ウォー」という掛け声とともに乱舞します。
 やがて、松江町のほうから1台の山車がやってくるのが見えました。もしや目指す「木花咲耶姫」の山車では?急いで行って確認しました。そうです!やっと出会えました。首に巻いた手ぬぐいは「関係者」の証?!先触れの人に「曳かせてください」と言うと、「どうぞ綱の内側に入って!」と言ってくれました。いきなり山車の近くの曳き方衆に飛び入り参加です。(*^_^*)
 連雀町交差点まで行くと山車は5台に増えていました。提灯を持った曳き方衆が山車の前に集まり、急テンポのリズムで入り乱れるお囃子に合わせて「ウォー!ウォ!ウォ!ウォ!」と叫びながら縦に跳びます。ちゃっかりその中に混じり、縦揺れのノリで一緒になって拳を振り上げました。祭装束の粋なオジさんがいろいろと教えてくれました。お囃子にはいくつか流儀があって、今競い合ってる「木花咲耶姫」のお囃子と、「羅陵王」のお囃子は同じ「王蔵流」なのだそうです。なのでよりいっそう白熱した競い合いになっているとか。
 お囃子に勝ち負けはないので、しばらくお互いに競い合ったあと、山車は見事な方向転換をします。その際、キリンと呼ばれる特殊なジャッキを使って向きを変えます。人形を入れれば8m近い山車が、電線や信号を避けながら見事に回転し、練り歩く姿はまさに圧巻です。
 30分も曳き方衆に混じって盛り上がっていると、もうへとへとでした。山車を離れる際、手ぬぐいを持っているだけで警備の方が道を通してくれ、交差点を斜めに突っ切ることができました。「ああ、地元なのだわ、観光客じゃないのだわ」と、妙に実感がわきました。
 お囃子は山車だけで演奏されている訳ではなく、道のあちこちに仮説の舞台が出て、それぞれひょっとこやオカメ、天狐などが演舞しています。山車は交差点や道の途中でお囃子に出会うたびに、正面を向き合わせて「曳っかわせ」をします。こうして午後9時頃まで、光と音と熱気あふれるお祭りは続きました。
 帰り道、少しずつ出店の数が少なくなり、川越駅に近付くにつれお囃子の音が遠ざかると、祭のあとの清々しい淋しさがジワジワとわいてきました。来年は私の町の山車は出ないそうです。次に出るときは、絶対に祭装束で参加したいと思います。








 10月17日(月)
 肌寒くなってきたので、今日からリビングを冬仕様に模様変えしました。我が家のホットカーペットカバーは、毎年使い捨てです。だから当然安物!ホームセンターで2980円でした。フカフカの肌さわりと試運転したホットカーペットの暖かさに、莱夢も北斗もヌクヌクと気持ちよさそう・・・。で、私もそのままお昼寝モードに・・・。(^_^;)

 10月18日(火)
 今日も雨です。莱夢は思うように散歩に出られず、かなり退屈な様子・・・。そんな時は北斗の傍にくっついて離れません。ときどき「遊んで」と北斗にちょっかいを出しては逃げられております。
 この数日の涼しさに、北斗はちょっと風邪気味です。ときどき「クチュン!」と小さなくしゃみをします。熱はないし鼻水も出てないけど、ちょっと心配。急な温度変化に付いていけないのね。

 10月19日(水)
 ようやく雨が上がりました!カラリと気持ちよい天気ではないけれど、どうしてもどこかに行きたくて、コスモスが見たくて、ネットで近場を探してみました。荒川の土手に「コスモス街道」があるのを発見!吹上なのでそんなに遠くないし、とにかく行ってみました。
 地図を頼りに走ること40分、荒川を渡る橋の上から、うっすらとピンク色の帯が見えてきました。土手下の駐車場に車を停めて莱夢と一緒に河川敷を見渡すと、そこは一面のコスモス畑。河川敷に降りると、コスモス畑の間を道が通っていました。風に揺れるコスモスの間をゆっくり散策することができ、莱夢は涼しそうに嬉しそうに鼻を上げ、胸いっぱい風のにおいを嗅いでいました。
 家に帰ると莱夢はすぐに爆睡モードに突入。風の通る廊下でひっくり返って寝てました。何か夢を見ているようで、「ブフォフォ〜」とか「ウォホホ〜」とか言いながら、カツカツと足で壁を蹴ってます。しかし、大股開いてあられもないお姿・・・(^_^;)



 10月25日(火)
 今日はゆめちゃんのママに誘っていただき、所沢航空記念公園のドッグランに行ってきました。初めて行ったのですが、自宅から車での20〜30分と近く、無料なのが嬉しいです。
 ゆめ嬢と快斗君の元気なこと!走り周り、じゃれ合い、ほかのワンコとも仲良く追いかけっこし・・・。ホントに微笑ましいです。特にシベリアンハスキーの8ヶ月の女の子とは、楽しそうによく遊んでいました。
 ハスキーの女の子のお名前をお聞きしていなくて残念!ステキなオッド・アイのお嬢さんで、軽やかでしなやかで、すごくキレイでした。ハスキーの走りって、ホントに軽やかですね。美しい・・・!車にたとえるなら、気品があってスレンダーなボディの「フェアレディZ」でしょうか?ちなみにマラミュートはゴツゴツした四駆。(^_^;)
 せっかくのドッグランだと言うのに、我が家の莱夢ときたら・・・。「元気に遊ぶ子ども達を見守るお母さん」って感じでしょうか?年齢を重ねるごとに、ほかのワンコとの深い係わりを避けるようになってきてます。以前のように、一緒に走ったり立ち上がってじゃれたりなど、身体が接するような遊びはしなくなってしまいました。ほかのワンコに一通り挨拶すると、私の傍で静かにしています。私が歩いたり走ったりすると、後をノシノシと付いていて、「紐なし脚即歩行」状態です。なんか、「ドッグランに来たぞ!ヤッホー!」みたいな弾け方はしないんですよね〜。莱夢なりに「争いの元を作らない、近付かない」工夫をしているのかもしれませんが、なんだか淋しい・・・。以前のかっ跳んでいたヤンチャな莱夢はどこに行ってしまったんでしょう・・・。
 ドッグラン内を私と一緒に歩いていた莱夢。惹かれる匂いがあったのか、地面の匂いを嗅ぐことにご執心。そっと私だけベンチに戻っら、「あら、お母さんがいないわ」と、顔をめぐらせて真剣に探してました。「莱夢」と呼ぶと、「やだ、そこにいたの?」と嬉しそうに耳を倒して「ニヘ〜」と笑顔に・・・。足取りも軽くベンチに戻ってくる莱夢でした。あの〜、少しは「鼻」に頼ってください、莱夢さん!(^_^;)




 10月29日(土)
 まずまずのお天気ですが、予報では夕方から雨・・・。お散歩がてら、莱夢と一緒に水上公園のドッグショーを見に行ってきました。マラミュートの出陳はなかったですが、知り合いに会うことが出来ました。久しぶりにお会いできて、いろいろお話できて楽しかった!
 ショー会場からいつものロータリーに戻ると、はなちゃんをはじめ友達のワンコがお散歩に来ていました。莱夢の大好きなミニチュアダックスのクーちゃんも来ていて、莱夢はすっごく嬉しそうです。顔は笑いっぱなしだし、尻尾はずぅっとフリフリ・・・。なんだかシアワセそう・・・。
 そのうちに快斗君もやってきて、お昼過ぎまでお散歩を楽しみました。お腹も空いてきたので、快斗君の車に相乗りして「ばじ公園」へGO!焼きカレーと濃厚なマンゴージュースのランチの後、コーヒーとチョコレートケーキを頂きました。
 莱夢はたっぷりのお散歩に満足したのか、夕方には早くもお腹が空いたようです。キッチンに立つママを、リビング側から暖簾越しに見てご飯を催促しています。



 10月30日(日)
 今日も爽やかなよいお天気!マラミュート友達と一緒に、水上公園近くの河原で自転車を引く練習をしました。予想していた事とは言え、莱夢のヘナチョコ(?)ぶりにはトホホです。まったく引っ張ってくれませんね・・・。まぁ、確かに「リードを引っ張ってはいけない」ことが習慣付いている莱夢なので仕方ありませんが・・・。力強く自転車を引きながら疾走するソーマ君と快斗君、すごくキレイです。莱夢は自転車の前は走ってくれませんが、自転車の横ならば完璧(?)にテレテレと走ります、はい。(^_^;)
 動画はソーマ君と快斗君の2頭引きです。快斗君はまだ6ヶ月なので本格的な引き運動はできませんが、このコンビで犬橇やギグを楽しめる日も近いかもしれません。オバさん莱夢は見学&応援専門になりそうですが、こういうドッグスポーツもすごく楽しいです。もっと莱夢が若いうちに、たくさん経験させてあげればよかったかも・・・。